ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがすくらし・環境環境・エコ・エネルギー環境政策県内初! 燃料電池バスの路線運行が始まりました

県内初! 燃料電池バスの路線運行が始まりました

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年5月12日更新

 令和3年3月24日(水曜日)から,県内初となる燃料電池バス(FCバス)の路線運行が始まりました。

 燃料電池バスは,水素タンクに充填された水素と空気中の酸素の化学反応によって発生した電気を使い,エンジンではなくモーターを回して走るバスです。エンジンがないため走行時音がとても静かで,走行時に二酸化炭素を排出しないので,環境性能に優れています。

 実際に乗車して,その乗り心地を体感してみてください。

導入車両の概要

1 導入車両      

  トヨタSORA(ソラ) 1台

2 定員         

  78人

3 バス運行事業者 

  宮城交通株式会社

出発式の様子

燃料電池バスの路線運行開始を記念して,出発式を開催しました。

 

1 日時  令和3年3月24日(水曜日) 11時15分から正午まで

2 場所  宮城交通株式会社富谷営業所(富谷市三ノ関太子堂西108)

3 出席者 

   宮城交通株式会社 代表取締役社長 青沼 正喜

   富谷市長 若生 裕俊

   宮城県環境生活部 部長 鈴木 秀人 ほか

 

  テープカット

テープカットの様子

 

  第一便発車

第一便出発の様子

 

運行路線等

新富谷ガーデンシティ線,泉ヶ丘大富線,泉パークタウン線ほかで運行しています。

運行路線や時刻表など,詳しくは宮城交通株式会社のWEBサイトを御覧ください。