トップページ > くらし・環境 > 住まい・土地 > 住まい > (令和3年度分の募集を終了しました)木造住宅の支援制度

掲載日:2022年3月31日

ここから本文です。

(令和3年度分の募集を終了しました)木造住宅の支援制度

令和4年度の内容は下記リンクからご確認ください。

令和4年度産材利用サステナブル住宅普及促進事業(新築住宅支援)

県産材利用サステナブル住宅普及促進事業(新築住宅支援)

主要構造部材の工事の写真宮城県では,宮城県産の木材を一定以上使用して住宅を建てる場合,費用の一部を助成しています。

地球温暖化の防止や森林整備の促進,健康で快適な住まいづくりなどに大きく寄与する木材の利用を進めるため,「みやぎ環境税」を活用して実施しています。

1 令和3年度事業の内容

(1)事業メニュー

新築住宅支援

自ら居住用とするため,県内に新築の一戸建て木造住宅を建築する施主に対し,県産材及び県産JAS製品,優良みやぎ材使用量に応じて補助します。また,申請した新築住宅に県産材を使用した内装木質化や木製品の配備を行う場合は,併せて補助します。

詳しい要件や補助率等については,要綱・要領及び利用の手引き等でご確認ください。

(2)令和3年度事業の追加募集

募集期間
  • 令和3年12月23日(木曜日)から,令和4年3月31日(木曜日)まで先着順に交付申請書を受付します。
  • 応募件数が予算の上限に達した時点で,募集を締め切ります。
募集件数
  • 約100件(主要構造部のみ)
令和3年度申請における重要事項
  • 交付申請の添付書類である「県税の納税証明書」は,県税事務所で発行しております。税務署や市町村の窓口では取り扱っておりませんので,ご注意願います
  • 交付申請は,工事請負契約の締結後かつ建築確認申請の確認済証の取得後(必要な場合のみ)で,木工事の施工着手前までに行ってください。(着工後の申請は受付できない場合がありますので,ご了承ください。)

申請の流れ

(3)応募の要件(いずれにも該当すること)

(1)新築住宅支援
  • 県内に自ら居住するために木造住宅を新築する方であること。
  • 県税の滞納のない方であること。
  • 建設現場を見学会など県産材PRの場に提供し,県産材住宅モニターとしてアンケートに協力できる方であること。
  • 建築基準法における建築確認済証が交付済みであること。

(4)補助の対象となる住宅の条件,要件を満たした場合の補助金額

区分 一般 東日本大震災・東日本により
壊以上罹災した住宅を再建する場合
補助条件 自ら居住用とするため,県内に新築する一戸建て木造住宅であること。 左記に同じ。
県内に本社や支社・支店を有し,建設業法の許可を受けている業者が施工すること。 左記に同じ。
主要構造部材に宮城県産材を60%以上かつ県産JAS製品又は優良みやぎ材を40%以上使用すること。 主要構造部材に宮城県産材を50%以上かつ8立方メートル以上使用すること。
'内装木工事に,宮城県産材を50%以上使用すること。(内装等の補助を申請する場合) 左記に同じ。
上記と同時に配備する木製品に宮城県産材をを50%以上使用すること。 左記に同じ。
令和4年3月31日までに主要構造部材の施工が完了し,宮城県産材及び県産JAS製品又は優良みやぎ材使用量並びに現地の確認が可能であること。 左記に同じ。
補助金額

宮城県産材1立方メートルあたり28,000円,上積みとして,県産JAS製品又は優良みやぎ材1立方メートルあたり8,000円を補助します。
ただし,1棟あたり50万円を上限とします。

1棟あたり一律50万円補助します。

(5)この事業における定義

宮城県産材とは
  • 合法的な手続きを経て宮城県内の森林から伐採された原木を宮城県内で加工した木材製品をいいます。
  • ただし,東日本大震災で半壊以上罹災した住宅を再建する場合に限り,合法的な手続きを経て宮城県内の森林から伐採された原木をJAS認定工場で加工した集成材を加えることができます。
  • いずれの場合も,「みやぎ材利用センター(外部サイトへリンク)」が発行する「宮城県産材証明書」が必要となります。
宮城県産材証明書の発行に必要な手続き
県産材証明願の様式
合法木材とは
  • 国際問題となっている違法伐採を防ぐため,森林関係の法令に基づき合法的に伐採されたことが証明された木材のことです。
  • 宮城県内では,業界団体の認定を受けた事業者が合法証明する方法が採用されています。
  • 詳しくは「木材の違法伐採問題と合法証明」(宮城県林業振興課のページ)を参照願います。
優良みやぎ材とは
主要構造部材とは
  • 土台,柱,梁,桁,間柱,筋交い,棟木,母屋,垂木,小屋梁,小屋束,大引,根太,筋交い及び根太や野地板の代わりに使用する構造用合板(構造用を兼ねた下地用合板を含む)など,建物の構造躯体を構成する木材を指します。

(6)手続きに必要な書類

必要書類
  必要書類等 備考
手続きの前にお読み下さい
  1. 県産材利用サステナブル住宅普及促進事業(新築住宅支援)チラシ(PDF:751KB)
  2. 令和3年度 利用の手引き(PDF:1,264KB)
  3. 令和3年度 新築住宅支援 Q&A(PDF:277KB)
 
交付申請時
  1. 補助金交付申請書(ワード:55KB)(要綱別記様式第1号)
  2. チェックリスト(ワード:64KB)(要綱別記様式第2号)
  3. 特定災害(東日本大震災,東日本台風で半壊以上の判定の罹災証明書の写し(該当者のみ))
  4. 県税の納税証明書
  5. 新築する住宅の位置図
  6. 新築する住宅の建築確認済証の写し
  7. 新築する住宅の配置図
  8. 新築する住宅の平面図
  9. 新築する住宅の立面図
  10. 木びろい表(計画)(エクセル:56KB)(要綱別記様式第9号)
  11. 施工業者の建設業法の許可証の写し
  12. 新築する住宅の工事請負契約書の写し
  13. 補助金振込先口座の通帳(表紙及び見開き部分)の写し
  14. 交付決定前着手届(ワード:27KB)(要領別紙様式第1号)
    また,申請した住宅に内装等の申請を行う場合は,下記書類を併せて添付してください。
実績報告時
  1. 実績報告書(ワード:70KB)(要綱別記様式第7号)
  2. 木びろい表(実績)(要綱別記様式第9号(エクセル:56KB),第10号(エクセル:52KB)
  3. 主要構造部の施工中及び施工完了後の写真
  4. 内装等の施工中と施行完了後の写真
    新築住宅支援で,内装の補助を利用した場合及び住宅リフォーム支援の補助をを利用した場合のみ添付してください。
  5. 木製品の配備完了後の写真
    新築住宅支援で木製品配備の補助を利用した場合のみ添付してください。
  6. 県産JAS製品の表示がわかる写真
    県産JAS製品を使用した場合のみ
  7. 優良みやぎのシールがわかる写真
    優良みやぎ材を使用した場合のみ添付してください。
  8. 内装や木製品配備等の内容及び木工事費が分かる書類(領収書等)
    新築住宅支援で,内装及び木製品配備の補助を利用した場合のみ
  9. 証明書等(必要に応じて下記3種類)
    みやぎ材利用センターが発行した県産材証明書(製材品・集成材等)
    (参考:宮城県産材証明書(PDF:60KB)
    宮城県内の合法木材供給事業者が発行した産地の記載のある出荷証明書(合板・LVL等)
    みやぎ材利用センターが認証した優良みやぎ材認証書(製材品・合板・LVL等)(参考:優良みやぎ材認証書(PDF:73KB)
    宮城県内の合法木材供給事業者が発行した産地の記載のある出荷証明書(県産JAS製品)
変更時

補助金交付決定額の増額,施工業者の変更等

  1. 変更承認申請書(ワード:38KB)(要綱別記様式第5号)
 
中止・廃止時

補助金交付決定を受けた後に補助事業を辞めたい場合

  1. 中止(廃止)承認申請書(ワード:27KB)(要綱別記様式第6号)
 

(7)事業の根拠

2 必要書類の提出先

〒980-8570 仙台市青葉区本町三丁目8番1号
宮城県水産林政部林業振興課 みやぎ材流通推進班 宛て

その他の様式

お問い合わせ先

林業振興課みやぎ材流通推進班

宮城県仙台市青葉区本町3丁目8番1号

電話番号:022-211-2912

ファックス番号:022-211-2919

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

重要なお知らせ

こちらのページも読まれています

 

information retrieval

このページに知りたい情報がない場合は