ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす農業・園芸総合研究所トピックス(H24)/硫黄欠乏による水稲生育停滞の回避対策

トピックス(H24)/硫黄欠乏による水稲生育停滞の回避対策

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年12月12日更新

選択 矢印 前のトピックスへ 一覧へ戻る  次のトピックスへ

(古川農業試験場)

 県内のカドミウム汚染水田等の一部では,6月中旬ころから硫黄欠乏と考えられる生育停滞(黄化,分けつ抑制)が発生し,穂数不足となって収量,品質に大きな影響を与えているほ場があります。その対策について検討したところ,生育停滞を回避する技術が明らかになったので,参考に紹介します。

 育苗の際,床土に石膏(硫酸カルシウム肥料)を箱あたり50~80g程度混和することにより,本田での水稲の硫黄吸収量が増加,生育停滞を回避し,収量の向上が図れます(図-1,表-1)。また,床土に石膏混和を行わず,本田で生育停滞が発生した場合は,6月中旬の発生初期に硫マグ(硫酸苦土肥料)を20kg/10a程度施用することで,生育停滞が回避できます(図-1の本田追肥を参照)。
 なお,床土に箱あたり石膏250gを混和した場合や,石膏500gを移植時に箱処理した場合にも効果はありますが,コストの面から50~80g程度が適当と考えられます。

(平成24年12月12日掲載)

石膏床土混和等による水稲増収効果

図-1 石膏床土混和等による水稲増収効果

表-1 石膏床土混和による稲の硫黄吸収量(7月上旬)

石膏床土混和による稲の硫黄吸収量の表

石膏施用列の稲の写真

線上に2本右斜め上に伸びるのが石膏施用列

無処理区と石膏処理区の稲の写真

左:無処理区 右:石膏処理区