ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす農業・園芸総合研究所業務評価/「平成26年度新規研究課題」事前評価

業務評価/「平成26年度新規研究課題」事前評価

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年9月29日更新

 

平成25年度第3回農業関係試験研究機関評価部会
「平成26年度新規研究課題」事前評価実施結果

1 評価部会

評価部会表
評価部 会委員名所属・職名摘要
鈴木 啓一東北大学大学院農学研究科    教授部会長
坂井 悦子坂井農産副部会長
齋藤 満保宮城大学食産業学部   学部長・教授 
齊藤 緑みどりなヤサイ 代表 野菜ソムリエ 

2 評価対象課題

評価対象課題表
評価対象課題名概要  実施期間想定予算額
(千円)
摘要
(1)宮城から提案する新規園芸品目の生産技術の開発宮城から全国に商材として提案できるような新規園芸品目・品種を県内産地に導入するため,有望な品目・品種の検索と生産技術の開発を行う。平成26年~30年7,400事前評価
(2)農生態系内の生物多様性向上による総合的病害虫管理技術の開発震災被害を受けた地域を含む中山間地などでは,その地域の特性を活かし特徴ある農業を展開することが重要である。近年,土着天敵や有用微生物による病害虫の発生抑制が注目を集めつつあり,農生態系内の多様性を向上させることで,これら有用生物群の活動を高めて被害軽減を図る技術開発が必要である。平成26年~30年15,000事前評価
(3)ダイズ病害虫の総合的管理技術の確立ダイズ病害虫管理技術に関して得られた成果や薬剤防除に関する新たな知見等を踏まえて,新たな防除病害虫防除体系の見直しを行う。平成26年~30年7,575事前評価
(4)高温登熟に対応した環境保全米の施肥管理技術の確立直近の3年間において,高温登熟による環境保全米の品質低下が問題となっている。土壌及び施肥管理技術を中心に,ひとめぼれ,ササニシキの高温対策技術を確立する。平成26年~28年6,456事前評価

3 評価項目

(1)事前評価

  • 研究目標の妥当性
  • 緊急性・優先性
  • 独創性・先進性・優位性
  • 市場性・成長性
  • 実現可能性
  • 人・予算・設備等の推進体制
  • 総合評価
評価一覧表
課題番号研究目標の妥当性緊急性・優先性独創 性・先進性・優位性市場性・成長性実現可能性人・予算・設備等の推進体制総合評価
 1234123412341234123412341234
(1)31  1 3  1 3  4   3 1   4  3 1  
(2)4    4  31  4   211   4  31   
(3)4   2 2  22  2 2  4    4  4    
(4)4   3 1  22  3 1  31  13  3 1  

評価一覧表中の数字は4名の評価委員の各評価で,評価基準は次の評価基準表のとおりです。

評価基準表
評価項目 評価基準
研究目標の妥当性1:高い  2:普通  3:やや低い  4:低い
緊急性・優先性1:優先  2:早期  3:できるだけ早く  4:余力があれば実施
独創性・先進性・優位性1:高い  2:普通  3:やや低い  4:低い
市場性・成長性1:高い  2:普通  3:やや低い  4:低い
実現可能性1:高い  2:普通  3:やや低い  4:低い
人・予算・設備等の推進体制1:十分  2:普通  3:やや不足  4:不足
総合評価1:ぜひ採択すべきである
2:採択したほうが良い
3:計画を見直した上で,採択しても良い
4:採択すべきではない

4 評価結果

(1)宮城から提案する新規園芸品目の生産技術の開発(事前評価)
   →「ぜひ採択すべきである」
(2)農生態系内の生物多様性向上による総合的病害虫管理技術の開発(事前評価)
   →「ぜひ採択すべきである」
(3)ダイズ病害虫の総合的管理技術の確立(事前評価)
   →「ぜひ採択すべきである」
(4)高温登熟に対応した環境保全米の施肥管理技術の確立(事前評価)
   →「ぜひ採択すべきである」