ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす農業・園芸総合研究所業務評価/「平成21年度終了研究課題」事後評価

業務評価/「平成21年度終了研究課題」事後評価

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年9月10日更新

 

平成22年度第1回農業関係試験研究機関評価部会
「平成21年度終了研究課題」事後評価実施結果

1 評価部会

評価部会表
評価部会委 員名所属・職名摘要
國分 牧衛東北大学大学院農学研究科 教授部会長
八巻 美恵子食工房みやふく主宰 フードコーディネーター副部会長
鈴木 啓一東北大学大学院農学研究科 教授 
斎藤 緑野菜とおしゃべり主宰 野菜ソムリエ 

2 評価対象課題

評価対象課題表
評価対象課題名 概要  実施期間予算額(千円)摘要
(1)有機物および地力の肥効パターンを考慮したブランド米づくり有機物および地力の肥効パターンを考慮した効率的な化学肥料節減栽培の確立。平成19年~21年8,201事後評価
(2)抗菌性飼料添加物に頼らない高品質豚肉生産技術の確立家畜の免疫機能を活性化させる効果の期待できる飼料添加物(未利用資源)を給与し,豚の遺伝的能力を十分に発揮させ,安全で高品質な豚肉を生産する技術を確立する。平成18年~21年4,393事後評価

3 評価項目

(1)事後評価

  • 目標達成度
  • 研究成果
  • 地域への貢献度・波及効果
  • 総合評価
事後評価表
課題番号目標達成度 研究成果地域への貢献度・波及効果総合評価
 1234123412341234
(1) 3   3  3   21  
(2) 3   3  12  12  

評価一覧表中の数字は3名の評価委員の各評価で,評価基準は次の評価基準表のとおりです。
 

評価基準表
評価項目評価基準 
目標達成度1:計画以上  2:計画どおり  3:やや計画以下  4:計画以下
研究成果1:想定以上  2:想定どおり  3:やや想定以下  4:想定以下
地域への貢献度・波及効果1:顕著  2:普通  3:やや低い  4:低い
総合評価1:優れた研究であった
2:有意義な研究であった
3:あまり有意義でない研究であった
4:意義の乏しい研究であった

4 評価結果

  1. 有機物および地力の肥効パターンを考慮したブランド米づくり
    →「優れた研究であった」
  2. 抗菌性飼料添加物に頼らない高品質豚肉生産技術の確立
    →「有意義な研究であった」