ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす農業・園芸総合研究所業務評価/「平成22年度新規研究課題」事前評価

業務評価/「平成22年度新規研究課題」事前評価

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年9月10日更新

 

平成21年度第3回農業関係試験研究機関評価部会
「平成22年度新規研究課題」事前評価実施結果

1 評価部会

評価部会表
評価部会委員名 所属・職名摘要
國分 牧衛東北大学大学院農学研究科 教授部会長
八巻 美恵子食工房みやふく主宰 フードコーディネーター副部会長
鈴木 啓一東北大学大学院農学研究科 教授 
斎藤 緑野菜とおしゃべり主宰 ベジフル&フルーツマイスター 

2 評価対象課題

評価対象課題表
評価対象課題名 概要  実施期間想定予算額
(千円)
摘要
(1)紫外光を利用したタマネギ等の乾燥・貯蔵技術の開発たまねぎでは、乾燥中の紫外光照射により、腐敗玉の減少に役立たせることができると考えられるため,紫外光をたまねぎの乾燥・貯蔵作業に利用することで、省力的で効率の良い乾燥技術を確立する。平成22年~24年2,250事前評価
(2)ウイロイド及びウイルスに感染したキク親株の効率的な更新技術の開発県内主要品種キク親株のウイロイド及びウイルスの発生実態を把握すると共に、効率的な除去(濃度低減)技術を開発する。平成22年~24年3,300事前評価
(3)低コスト化を目指した新たな水稲栽培技術体系の確立常時被覆簡易乳苗と育苗箱全量施肥などを組み合わせた,新たな水稲栽培技術を確立し,育苗ハウスの2回転利用や必要箱数及び肥料施用量の削減などにより低コスト化を図る。平成22年~24年3,300事前評価
(4)水稲栽培における追肥の省力化・軽労化技術の確立一発型肥料の適正施用量や化学肥料節減栽培における速効性窒素肥料と肥効調節型肥料の組合せを検討し,追肥作業を省略できる肥効調節型肥料の施用基準を策定する。水に溶けやすい発泡性肥料を用いて追肥作業の省力化・軽労化を図る。平成22年~24年6,996事前評価
(5)系統豚を利用した新たな豚肉生産方式の確立「ミヤギノL2」♀に「しもふりレッド」♂を交配し、LD種を生産し、産肉能力および発育能力を調査する。平成22年~24年7,000事前評価

3 評価項目

(1)事前評価

  • 研究目標の妥当性
  • 緊急性・優先性
  • 独創性・先進性・優位性
  • 市場性・成長性
  • 実現可能性
  • 人・予算・設備等の推進体制
  • 総合評価
評価一覧表
課題番号研究目標の妥当性緊急性・優先性独創性・ 先進性・優位性市場性・成長性実現可能性人・予算・設備等の推進体制総合評価
 1234123412341234123412341234
(1)112  112 22 1 3  31 13   22 
(2)4    4  22  31  31   4  4   
(3)13   31  31  31 22   4   4  
(4)13   4   4   4  22  13   4  
(5)211   31 31 3 1 22   3 1211 

評価一覧表中の数字は4名の評価委員の各評価で,評価基準は次の評価基準表のとおりです。
 

評価基準表
評価項目 評価基準
研究目標の妥当性1:高い  2:普通  3:やや低い  4:低い
緊急性・優先性1:優先  2:早期  3:できるだけ早く  4:余力があれば実施
独創性・先進性・優位性1:高い  2:普通  3:やや低い  4:低い
市場性・成長性1:高い  2:普通  3:やや低い  4:低い
実現可能性1:高い  2:普通  3:やや低い  4:低い
人・予算・設備等の推進体制1:十分  2:普通  3:やや不足  4:不足
総合評価1:ぜひ採択すべきである
2:採択したほうが良い
3:計画を見直した上で,採択しても良い
4:採択すべきではない

4 評価結果

  1. 紫外光を利用したタマネギ等の乾燥・貯蔵技術の開発(事前評価)
    →「計画を見直した上で,採択しても良い」
  2. ウイロイド及びウイルスに感染したキク親株の効率的な更新技術の開発(事前評価)
    →「ぜひ採択すべきである」
  3. 低コスト化を目指した新たな水稲栽培技術体系の確立(事前評価)
    →「採択した方が良い」
  4. 水稲栽培における追肥の省力化・軽労化技術の確立(事前評価)
    →「採択した方が良い」
  5. 系統豚を利用した新たな豚肉生産方式の確立(事前評価)
    →「採択した方が良い」