ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす農業・園芸総合研究所業務評価/「平成20年度終了研究課題」事後評価

業務評価/「平成20年度終了研究課題」事後評価

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年9月10日更新

平成21年度第1回農業関係試験研究機関評価部会
「平成20年度終了研究課題」事後評価実施結果

1 評価部会

評価部会表
評価部会委員 名所属・職名摘要
國分 牧衛東北大学大学院農学研究科 教授部会長
八巻 美恵子食工房みやふく主宰 フードコーディネーター副部会長
鈴木 啓一東北大学大学院農学研究科 教授 
斎藤 緑野菜とおしゃべり主宰 ベジフル&フルーツマイスター 

2 評価対象課題

評価対象課題表
 評価対象課題名概要  実施期間想定予算額
(千円)
摘要
(1)遺伝子解析による品種識別と病害診断技術の開発イチゴ,ユリにおける病害抵抗性などの重要形質に関するDNAマーカーの開発,ウィルス,ウィロイド病について現場レベルで実施できる簡易診断方法の開発平成16年~20年10,807事後評価
(2)異常気象を克服する水稲の高度耐性育種母本の開発と特性解明高度耐冷性集積系統の栽培・品質・食味特性の改良,高温耐性素材の探索・材料養成と評価法の検討平成16年~20年5,903事後評価
(3)田畑輪換田における雑草の発生消長の解明とその制御法について難防除雑草の草種別問題の解明
新除草体系の確立
平成18年~20年3,266事後評価
(4)新技術活用による高能力乳用雌子牛生産システムの確立本研究では受精卵移植技術を応用し,通常であれば育成期間にある優良若齢牛(育成牛)を用いて,計画的,効率的にその雌産子を増殖し,乳用牛の泌乳量の改良を短期間で実現する手法の実証平成18年~20年4,292事後評価
(5)バイオテクノロジーを利用した新品種育成県内で発生する白さび病菌レースと主要栽培品種が持つ抵抗性遺伝子との関係を明らかにし,抵抗性品種育成の基盤的技術を確立する。平成16年~20年12,481事後評価
(6)ミルキングパーラー(搾乳舎)排水の簡易処理装置の開発市販の浄化槽の多くが高価で酪農家が容易に導入できるものではないため,低コストで十分な処理能力を持つ排水の処理装置を開発する。平成18年~20年2,196事後評価

3 評価項目

(1)事後評価

  • 目標達成度
  • 研究成果
  • 地域への貢献度・波及効果
  • 総合評価
評価一覧表
課題番号目標達成度 研究成果地域への貢献度・波及効果総合評価
 1234123412341234
(1) 4   4  31  31  
(2) 4   4  13  13  
(3) 4   4  22  13  
(4) 4   31  4  13  
(5) 4   4   4   4  
(6) 4   22  13  31 

評価一覧表中の数字は4名の評価委員の各評価で,評価基準は次の評価基準表のとおりです。
 

評価基準表
評価項目 評価基準
目標達成度1:計画以上  2:計画どおり  3:やや計画以下  4:計画以下
研究成果1:想定以上  2:想定どおり  3:やや想定以下  4:想定以下
地域への貢献度・波及効果1:顕著  2:普通  3:やや低い  4:低い
総合評価1:優れた研究であった
2:有意義な研究であった
3:あまり有意義でない研究であった
4:乏しい研究であった

4 評価結果

  1. 遺伝子解析による品種識別と病害診断技術の開発立
    →「優れた研究であった」
  2. 異常気象を克服する水稲の高度耐性育種母本の開発と特性解明
    →「有意義な研究であった」
  3. 田畑輪換田における雑草の発生消長の解明とその制御法について
    →「有意義な研究であった」
  4. 新技術活用による高能力乳用雌子牛生産システムの確立
    →「有意義な研究であった」
  5. バイオテクノロジーを利用した新品種育成
    →「有意義な研究であった」
  6. ミルキングパーラー(搾乳舎)排水の簡易処理装置の開発
    →「有意義な研究であった」