ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす農業・園芸総合研究所業務評価/「平成19年度終了研究課題」事後評価・「平成21年度新規研究課題」事前評価

業務評価/「平成19年度終了研究課題」事後評価・「平成21年度新規研究課題」事前評価

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年9月10日更新

 

平成20年度第2回農業関係試験研究機関評価部会
「平成19年度終了研究課題」事後評価・
「平成21年度新規研究課題」事前評価実施結果

1 評価部会

評価部会表
評価部会 委員名所属・職名摘要
國分 牧衛東北大学大学院農学研究科 教授部会長
鈴木 啓一東北大学大学院農学研究科 教授 
伊藤 房雄東北大学大学院農学研究科 准教授 
足立 千佳子NPO法人まちづくり政策フォーラム理事欠席
二瓶 幸次農事組合法人 荒浜農産 専務理事副部会長

2 評価対象課題

評価対象課題表
評 価対象課題名概要  実施期間想定予算額
(千円)
摘要
(1)簡易遺伝子鑑定等による病害虫等診断法の確立近年開発されたLAMP法等を利用し,生産現場で活用できる簡易型遺伝子診断キット,診断方法を確立する平成21年~23年1,863事前評価
(2)野菜のウイルス媒介虫等難防除害虫の総合的管理技術の開発抵抗性を獲得した防除困難な害虫に対し,物理,耕種的な防除手段や天敵を利用した総合的害虫管理技術を確立する平成21年~25年1,637事前評価
(3)大規模水田輪作(普通作物)における環境負荷低減のための主要病害虫制御技術の開発近年,多発傾向が見られるイネ紋枯病及び斑点米カメムシについて環境に配慮した防除体系を確立し,玄米品質向上を目指す平成21年~25年10,110事前評価
(4)輪換田における大豆栽培の生育阻害要因克服技術の開発輪換田で栽培される大豆は湿害,雑草,病虫害などの生育阻害要因を低減することにより収量,品質を高める平成21年~23年3,900事前評価
(5)成分調整たい肥生産技術の検討化学肥料をたい肥に代替するために,品目に応じた肥料成分を調整したたい肥生産方法を確立する平成21年~23年2,196事前評価
(6)寒冷地・積雪下における冬春野菜の安定栽培技術の開発空気二重構造ハウスで保温性を向上させ,葉菜類の低温期における生育期間の短縮や栽培期間の拡大を図る平成17年~19年5,800事後評価

3 評価項目

(1)事前評価

  • 研究目標の妥当性
  • 緊急性・優先性
  • 独創性・先進性・優位性
  • 市場性・成長性
  • 実現可能性
  • 人・予算・設備等の推進体制
  • 総合評価

(2)事後評価

  • 目標達成度
  • 研究成果
  • 地域への貢献度・波及効果
  • 総合評価
事前評価一覧表
課題番号研 究目標の妥当性緊急性・優先性独創性・先進性・優位性市場性・成長性実現可能性人・予算・設備等の推進体制総合評価
 1234123412341234123412341234
(1)31  13  13  13  22   4   4  
(2)22  13   31  4  22   4   4  
(3)4   22   4  13   31  4   31 
(4)4   22  13  13  22  13  22  
(5)13  112 13  13   4   4   4  

評価一覧表中の数字は4名の評価委員の各評価で,評価基準は次の評価基準表のとおりです。

事前評価基準表
評価項目 評価基準
研究目標の妥当性1:高い  2:普通  3:やや低い  4:低い
緊急性・優先性1:優先  2:早期  3:できるだけ早く  4:余力があれば実施
独創性・先進性・優位性1:高い  2:普通  3:やや低い  4:低い
市場性・成長性1:高い  2:普通  3:やや低い  4:低い
実現可能性1:高い  2:普通  3:やや低い  4:低い
人・予算・設備等の推進体制1:十分  2:普通  3:やや不足  4:不足
総合評価1:ぜひ採択すべきである
2:採択したほうが良い
3:計画を見直した上で,採択しても良い
4:採択すべきではない

 

 

事後評価一覧表
課題番号目標達成度研究成果 地域への貢献度・波及効果総合評価
 1234123412341234
(6) 4   4  22  13  

評価一覧表中の数字は4名の評価委員の各評価で,評価基準は次の評価基準表のとおりです。

 

 

 

事後評価基準
評価項目 評価基準
目標達成度1:計画以上  2:計画どおり  3:やや計画以下  4:計画以下
研究成果1:想定以上  2:想定どおり  3:やや想定以下  4:想定以下
地域への貢献度・波及効果1:顕著  2:普通  3:やや低い  4:低い
総合評価1:優れた研究であった
2:有意義な研究であった
3:あまり有意義でない研究であった
4:意義の乏しい研究であった

 

4 評価結果

  1. 簡易遺伝子鑑定等による病害虫等診断法の確立(事前評価)
    →「採択した方が良い」
  2. 野菜のウイルス媒介虫等難防除害虫の総合的管理技術の開発(事前評価)
    →「採択した方が良い」
  3. 大規模水田輪作(普通作物)における環境負荷低減のための主要病害虫制御技術の開発(事前評価)
    →「採択した方が良い」
  4. 輪換田における大豆栽培の生育阻害要因克服技術の開発(事前評価)
    →「採択した方が良い」
  5. 成分調整たい肥生産技術の検討(事前評価)
    →「採択した方が良い」
  6. 寒冷地・積雪下における冬春野菜の安定栽培技術の開発(事後評価)
    →「有意義な研究であった」