ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす農業・園芸総合研究所業務評価/「平成19年度終了研究課題」事後評価

業務評価/「平成19年度終了研究課題」事後評価

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年9月10日更新

平成20年度第1回農業関係試験研究機関評価部会
「平成19年度終了研究課題」事後評価・
「平成20年度継続研究課題」中間評価実施結果

1 評価部会

評価部会表
 評価部会委員名所属・職名摘要 
國分 牧衛東北大学大学院農学研究科 教授部会長
鈴木 啓一東北大学大学院農学研究科 教授 
伊藤 房雄東北大学大学院農学研究科 准教授 
足立 千佳子NPO法人まちづくり政策フォーラム理事 
二瓶 幸次農事組合法人 荒浜農産 専務理事副部会長

2 評価対象課題

評価対象課題表
評価対象課題名 概要  実施期間想定予算額
(千円)
摘要
(1)高齢者人材資源が農業に参入できる要件の解明と高齢者向け作業指標の作成労働力不足解消として高齢者が積極的に参画できるように,現状の把握・問題点の解明を行う。安全に産業を行うために指標を作成する。平成17年~19年2,910事後評価
(2)根面境界層の形成を抑制する新しい養水分管理技術の確立根面境界層の抑制を主眼とする栽培システムを広く実用化するための技術開発を行う。平成17年~19年14,300事後評価
(3)ブータン品種Kuchum由来のイネ穂ばらみ期耐冷性に関するQTL解析ブータン品種と日本型品種チヨホナミの交雑後代を材料としてイネ穂ばらみ期耐冷性に関するQTL解析を行い、新規の耐冷性関連QTLを見出し、染色体上の位置を明らかにする。平成17年~19年8,100事後評価
(4)抗菌性飼料添加物に頼らない高品質豚肉生産技術の確立家畜の免疫機能を活性化させる効果が期待できる飼料添加物(未利用資源)を給与し、豚の遺伝的能力を十分に発揮させ、安全で高品質な豚肉を生産する技術を確立する。平成18年~21年4,931中間評価
(5)自然再生のための住民参加型生物保全水利施設管理システムの開発住民が永く生息させたいと要望する生物が保全・再生できる農業水利施設の条件と,低コスト改修技術を開発する。平成15年~19年28,500事後評価
当日説明なし
(6)寒冷地におけるイチゴの周年供給システムの確立イチゴの周年供給システムを東北各県試験研究機関との共同で開発する。平成15年~19年22,315事後評価
当日説明なし
(7)安心感・信頼感の高いワクチン接種キュウリ苗のオンデマンド供給消費者の「食の安全・安心」志向に即した当該ワクチンのリスク評価,分子生物学的手法を用いた地域適応性の迅速評価及び接種キュウリ苗の高品質量産体系を整備する。平成17年~19年4,689事後評価
当日説明なし

3 評価項目

(1)事後評価

  • 目標達成度
  • 研究成果
  • 地域への貢献度・波及効果
  • 総合評価

(2)中間評価

  • 計画の進捗度
  • 情勢変化等への適応性
  • 研究成果及び地域への貢献度・波及効果の見通し
  • 総合評価
事後評価一覧表
 課題番号目標達成度研究成果地域への貢献度・波及効果総合評価
 123412341234123
(1) 5   5   5   5  
(2) 41  32  5   5  
(3) 5   41  32  5  
(5) 5   5  32  14  
(6) 5   5  41  14  
(7) 41  32  41  5  

評価一覧表中の数字は5名の評価委員の各評価で,評価基準は次の評価基準表のとおりです。

事後評価基準
評価項目 評価基準
目標達成度1:計画以上  2:計画どおり  3:やや計画以下  4:計画以下
研究成果1:想定以上  2:想定どおり  3:やや想定以下  4:想定以下
地域への貢献度・波及効果1:顕著  2:普通  3:やや低い  4:低い
総合評価1:優れた研究であった
2:有意義な研究であった
3:あまり有意義でない研究であった
4:意義の乏しい研究であった

 

 

中間評価一覧表
課題番号計画の進捗度情勢変化等への適合 性地域への貢献度・波及効果の見通し総合評価
 1234123412341234
(4) 5  14   5   5  

評価一覧表中の数字は5名の評価委員の各評価で,評価基準は次の評価基準表のとおりです。

 

 

 

事後評価基準
評価項目 評価基準
計画の進捗度1:計画以上  2:計画どおり  3:やや計画以下  4:計画以下
情勢変化等への適合性1:高い  2:普通  3:やや低い  4:低い
地域への貢献度・波及効果の見通し1:顕著  2:普通  3:やや低い  4:低い
総合評価1:計画以上に進捗している
2:概ね妥当である
3:試験研究計画、手法等の部分的見直しが必要である
4:本課題を中止すべきである

 

4 評価結果

  1. 高齢者人材資源が農業に参入できる要件の解明と高齢者向け作業指標の作成
    →「有意義な研究であった」
  2. 根面境界層の形成を抑制する新しい養水分管理技術の確立
    →「有意義な研究であった」
  3. ブータン品種Kuchum由来のイネ穂ばらみ期耐冷性に関するQTL解析
    →「有意義な研究であった」
  4. 抗菌性飼料添加物に頼らない高品質豚肉生産技術の確立
    →「概ね妥当である」
  5. 自然再生のための住民参加型生物保全水利施設管理システムの開発
    →「有意義な研究であった」
  6. 寒冷地におけるイチゴの周年供給システムの確立
    →「有意義な研究であった」
  7. 安心感・信頼感の高いワクチン接種キュウリ苗のオンデマンド供給
    →「有意義な研究であった」