ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす農業・園芸総合研究所「農村地域における未利用エネルギー利活用実証研究」成果発表会を開催しました

「農村地域における未利用エネルギー利活用実証研究」成果発表会を開催しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年3月6日更新

「農村地域における未利用エネルギー利活用実証研究」成果発表会を開催しました

平成30年2月26日(月曜日),宮城県亘理町及び岩沼市にある現地実証試験地,岩沼市玉浦コミュニティーセンターにおいて,平成29年度食料生産地域再生のための先端技術展開事業(以下,先端プロ)新食料基地コンソーシアム宮城県農業オープンラボ(担当:宮城県農業・園芸総合研究所)と先端プロ施設園芸復興コンソーシアム(担当:農研機構農村工学研究部門)の共催で,先端プロ施設園芸栽培の省力化・高品質化実証研究「農村地域における未利用エネルギー利活用実証研究」成果発表会が開催され,生産者等約40人が参加しました。

宮城県亘理町の現地実証試験地では,逆浸透膜による地下水の脱塩,エネルギーマネジメントシステム,宮城県岩沼市の現地実証試験地では,充電ステーションを活用した電動刈払機・電動ブロアー,パワーアシストスーツ等が紹介されました。

岩沼市玉浦コミュニティーセンターでは,講演発表会が行われ,コンソーシアムの各研究担当者から「震災で塩分濃度が高まった地下水の逆浸透膜による脱塩技術」,「地中熱・太陽熱を利用したヒートポンプによる園芸施設の暖房技術」,「系統電源なしでも実現できるマルチ電源利用の園芸施設稼働技術」,「電気自動車電源を活用した刈払機,パワーアシストスーツ等の利用技術」,「太陽光発電充電ステーションと農村地域での電気自動車の運用方法」について成果が発表されました。

本プロジェクトの研究成果である逆浸透膜の技術マニュアル及びリーフレットを以下に掲載いたしますので,ご活用下さい。

技術マニュアル「逆浸透(RO)膜による塩水化した地下水の脱塩技術」 [PDFファイル/6.54MB]
 

リーフレット「逆浸透(RO)膜による地下水の脱塩技術」 [PDFファイル/3.02MB] (A3両面印刷,内巻き四つ折り)

 

逆浸透膜装置の説明

地下水を脱塩する逆浸透膜装置の説明

 

エネルギーマネジメントシステムの紹介

エネルギーマネジメントシステムの説明

 

充電ステーション

宮城県岩沼市にある充電ステーション

 

電動刈払機

充電ステーションを活用した電動刈払機の説明

 

パワーアシストスーツの実演

充電ステーションを活用したパワーアシストスーツの実演

 

講演1

「震災で塩分濃度が高まった地下水の逆浸透膜による脱塩技術」

 

講演2

「地中熱・太陽熱を利用したヒートポンプによる園芸施設の暖房技術」

 


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)