ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

スマイルサポーターとは

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年2月28日更新
従来から河川区域内の除草や清掃等については、河川愛護団体の協力を受け、連携を図りながら実施していますが、更なる地域住民との連携を図るため、平成15年4月よりアダプト制度(下記参照)として「みやぎスマイルリバー・プログラム」を実施しています。
県管理の河川・ダムの清掃、美化活動や草刈りを地道に続けられていた方々を対象に行政が支援していく制度で、認証された方々(団体,グループ)をスマイルサポーターと称しています。
※ アダプト制度 : 英語で「養子縁組をする」の意味で一定区画の公共の場所を養子にみたて、市民が里親となって、養子の美化(清掃)を行い、行政がこれを支援する制度です。
  • 参加対象者 : ボランティア活動グループ、商店街、職場の仲間、企業、NPO等の10人以上の団体。
  • 活動内容 : 県管理河川・ダムの空き缶やゴミの回収、草刈、清掃、樹木の剪定、伐採など。

 平成19年4月15日に開催しました「化女沼ダム環境美化活動」の開会式において、平成12年(西暦2000年)から化女沼の清掃や除草活動を続けてこられた【化女沼2000本桜の会】へスマイルサポーターの認定証が交付されました。
 また、平成20年4月27日に【長者を想う会】、平成22年9月28日に【宮城県建設業協会 大崎支部】がスマイルサポーターに認定され、その認定証交付式が行われました。

関連情報