ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす大崎地方ダム総合事務所化女沼ダム環境美化活動(平成25年度)

化女沼ダム環境美化活動(平成25年度)

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年8月5日更新

平成25年12月2日(月曜日)

平成25年12月2日,大崎地方ダム総合事務所は北部土木事務所と協働で,化女沼ピクニックエリア南のダム湖畔に投棄された産業廃棄物を処分しました。

これは,化女沼ピクニックエリア南のダム湖畔にてコンクリート塊や洗面台,配電部品などの大量の廃棄物が「化女沼2000本桜の会」により偶然発見されたもので,11月27日(水曜日)の大崎タイムス社の記事でも紹介されています。

これらの産業廃棄物は県がダム建設用地を買収する以前に捨てられたものと見られ,中には100キロほどもあるコンクリートの塊もありました。

当日は大崎地方ダム総合事務所の職員7名,北部土木事務所のトラックと職員1名で,廃棄物を一つ一つ運搬車でトラックに積み込み,処分場まで運搬しました。

今回処分した廃棄物は,コンクリート殻950kg,陶磁器くず100kgに及びました。

産業廃棄物の写真

産業廃棄物を処分する様子1

産業廃棄物を処分する様子2

産業廃棄物が撤去された写真

トラックに詰められた産業廃棄物

処分場で産業廃棄物を降ろすトラックの写真

平成25年11月24日(日曜日)

平成25年11月24日,化女沼スマイルサポーターの「長者を想う会」が清掃活動を行いました。

爽やかな秋晴れの中,早朝7時より長者を想う会のメンバー9名で化女沼ダム一円のゴミ拾いを行い,可燃ゴミ1袋,不燃ゴミ1袋分を回収しました。

今週は「化女沼2000本桜の会」の他,アルプス電気(株)をはじめとする古川・岩出山地区エコフォーラム様による清掃活動も行われたため,全体的にゴミは少なめのようでした。

今回も清掃作業をして頂いた長者を想う会の皆様,大変お疲れ様でした。

回収ゴミの内訳

  • 可燃ゴミ 1袋
  • 不燃ゴミ 1袋
  • その他

回収ゴミの写真

平成25年11月20日(水曜日)

平成25年11月20日,化女沼スマイルサポーターの「化女沼2000本桜の会」,大崎地方ダム総合事務所が合同で清掃活動を行いました。

化女沼2000本桜の会は,今年花王株式会社,公益財団法人都市緑化機構主催の「花王・みんなの森づくり活動」の支援を受けて活動しておりますが,今回は東京から同機構の方1名が参加され,一緒に汗を流しました。

今回も化女沼の周遊道路を中心にゴミを拾いましたが,約1ヵ月ぶりの清掃活動ということもあり,非常に多くのゴミが回収されました。

可燃ゴミ11袋,不燃ゴミ9袋の他,段ボール入りの未開封のカップ麺やバッテリー,廃タイヤ,照明器具など様々なゴミが見つかりました。

今回は化女沼2000本桜の会の今年度最後の活動となりました。

今年度も毎月の清掃活動に加え,桜の植樹やこまめな剪定作業など化女沼の環境美化のため精力的に活動して頂きました。本当にありがとうございました。

回収ゴミの内訳

  • 可燃ゴミ 11袋
  • 不燃ゴミ 9袋
  • その他 カップ麺3箱,バッテリー2個,タイヤ6本,照明器具1台

参加者の写真1

参加者の写真2

清掃活動の写真

回収されたごみの写真1

回収されたごみの写真2

回収されたごみの写真3

平成25年10月27日(日曜日)

平成25年10月27日,化女沼スマイルサポーターの『長者を想う会』が化女沼美化活動を実施しました。

今回も早朝7時から1時間半にわたり長者を想う会のメンバー10名で作業を行いました。

今回は古代の里や自由広場を中心に作業を行いましたが,バーベキューゴミやマンガ本など紙ゴミが多くみつかりました。当日は台風通過後の翌朝の作業だったことから,足下が悪い上,ゴミも水分を含み重くなりいつも以上に大変な作業となりました。

化女沼は現在多くの渡り鳥が飛来しており,行楽シーズンということもあり来湖者が多い時期ですが,今回も多くのゴミが回収され,環境美化が図られました。

長者を想う会の皆様,大変お疲れ様でした。

回収ゴミの内訳

  • 可燃ゴミ 7袋
  • 不燃ゴミ 4袋
  • その他

回収物

平成25年10月19日(土曜日)

平成25年10月19日,化女沼スマイルサポーターの『宮城県建設業協会大崎支部』が化女沼美化活動を実施しました。

今回は協会員29名と当所職員2名の参加のもと,朝8時半より約2時間にわたり化女沼ダムへの導水路区間L=800mの草刈作業とゴミ拾いを行いました。

今回実施した導水路区間は管理用道路脇の草が生い茂り,設置してあるネットフェンスにも蔦が絡みつき覆われている状況でしたが,今回の作業により全区間に渡り見違えるように見通しがよくなり綺麗な状態になりました。粗大ゴミはなかったものの,今回も多くの家庭ゴミがみつかりました。

今回も草刈り・ゴミ拾い作業をして頂いた『宮城県建設業協会大崎支部』の皆様,大変お疲れ様でした。

回収ゴミの内訳

  • 可燃ゴミ 5袋
  • 不燃ゴミ 3袋
  • その他

開会式

作業状況1

作業状況2

作業状況3

作業状況

回収物

平成25年9月29日(日曜日)

平成25年9月29日,化女沼スマイルサポーターの「長者を想う会」が化女沼美化活動を実施しました。

今回は長者を想う会のメンバー7名と当所職員3名の10名で早朝7時よりゴミ拾いを行いました。

今回は古代の里,愛宕山エリアを中心に清掃作業を行い,

燃えるゴミ4袋,燃えないゴミ2袋を回収しました。

今回も清掃作業をして頂いた『長者を想う会』の皆様,大変お疲れ様でした。

回収ゴミの内訳

  • 可燃ゴミ 4袋
  • 不燃ゴミ 2袋
  • その他

開会式

作業状況1

作業状況2

回収ゴミ

平成25年9月18日(水曜日)

平成25年9月18日,当事務所と化女沼スマイルサポーター「化女沼2000本桜の会」が合同で

化女沼の清掃活動を行いました。

今回は天候に恵まれ,爽やかな秋晴れの中での作業となりましたが,

全体的にゴミの量が多く,管理用道路脇の山林には故意に棄てられたような大量のゴミが散乱している状況でした。

今回は,可燃ゴミ13袋,不燃ゴミ3袋,その他には破損したデリネーターが回収されました。

作業された皆様,大変お疲れ様でした。

回収ゴミの内訳

  • 可燃ゴミ 13袋
  • 不燃ゴミ 3袋
  • その他 デリネーター

開始前

作業状況1

ゴミ散乱状況

作業状況2

ゴミ集積状況

回収物

平成25年8月25日(日曜日)

平成25年8月25日,化女沼スマイルサポーターの「長者を想う会」が化女沼美化活動を行いました。

今回は長者を想う会のメンバーに地元区長さんを加えた10名で早朝7時よりゴミ拾いを開始し,

周遊道路から愛宕山周辺に至るまで広範囲に渡って実施しました。

粗大ゴミ等は見つからなかったものの,燃えるごみ3袋,缶・ペットボトルがそれぞれ1袋ずつ,

他には遊漁者によるものと思われるウェダーも回収されました。

今回も清掃作業を実施して頂いた「長者を想う会」の皆様,大変お疲れ様でした。

回収ゴミの内訳

  • 可燃ゴミ 3袋
  • 不燃ゴミ 2袋
  • その他 ウェダー(胴長)

平成25年8月21日(水曜日)

平成25年8月21日,化女沼2000本桜の会,大崎地方ダム総合事務所主催により化女沼美化活動を行いました。

今回の活動にはお茶の水女子大学,青山学院大学より学生リポーター2名,花王(株),日本NPOセンターより各1名,計4名が参加してくれました。

化女沼2000本桜の会は今年,花王(株),公益財団法人都市緑化機構主催の

「花王・みんなの森づくり活動」の支援を受けて活動しています。

「花王・みんなの森づくり活動」は緑豊かなより良い環境を次の世代の子ども達に引き継ぎ,緑との触れ合いを通じて子どもの豊かな心を育んでいくことを目的に,市民による緑を守り育てる活動を応援しているものです。

今年は全国から172団体からの応募があり,選考委員会の厳正な審議により,化女沼2000本桜の会を含む15団体が選出されております。

今回の学生リポーターの参加は花王(株)と日本NPOセンターの共催による

「花王・みんなの森の応援団」プロジェクトの一環として行われました。

これは,「花王・みんなの森づくり活動」の支援を受けている団体に学生が取材に訪れ,森づくり活動の意義を広く知ってもらい,団体を支援する輪を広げると共に学生が活動に参加し,

自らが成長することを目的に企画実施されているものです。

今回は学生リポーターの他,当事務所,大崎市,桜の会ボランティアなど総勢26名が環境美化活動に取り組みました。

猛暑の中,約2時間にわたり作業を行い,今回も多くのゴミが回収されました。

今回も参加された皆様,大変お疲れ様でした。

回収ゴミの内訳

  • 可燃ゴミ 8袋
  • 不燃ゴミ 2袋
  • その他 なし

開会式1

開会式2

清掃状況1

清掃状況2

清掃状況3

回収物

平成25年7月28日(日曜日)

平成25年7月28日,化女沼スマイルサポーターの『化女沼2000本桜の会』が

市民参加型化女沼一斉清掃イベントを開催しました。

午前10時に古代の里駐車場に集合し,桜の会ボランティアと一般参加の市民が集合し,

蒸し暑さの中約2時間の清掃活動に汗を流しました。
 
29日未明より雨が降ったり止んだりしている状況で中止も考えられましたが,

開始時間には綺麗に晴れ,仙台からの一般参加者も含む30名にて作業を行いました。

今回は可燃ゴミ11袋,不燃ゴミ3袋の他,粗大ゴミ2つが回収されました。

今回も清掃作業に参加して頂いた化女沼2000本桜の会,ボランティアの皆様大変お疲れ様でした。

回収ゴミの内訳

  • 可燃ゴミ 11袋
  • 不燃ゴミ 3袋
  • その他 高圧洗浄機他

開会式

清掃状況1

清掃状況2

清掃活動3

回収物1

回収物2

平成25年7月28日(日曜日)

平成25年7月28日,化女沼スマイルサポーターの『長者を想う会』が化女沼の清掃活動を行いました。

今回は長者を想う会11名のメンバーで,早朝7時よりゴミ拾いを行いました。

前日までの豪雨の影響もあり足下が大変悪く,落ちているゴミも水分を含み重くなるなど

いつも以上に労力のかかる作業となりました。

今回は燃えるごみ6袋の他,缶・ペットボトルがそれぞれ1袋ずつ回収されました。

これから本格的な夏が到来すると,バーベキューによるゴミなど増えてくることが懸念されます。

自然豊かな化女沼を皆さんが気持ちよく利用できるよう,

訪問されるみなさん一人一人のより一層のご協力をよろしくお願いします。

今回も清掃作業を実施して頂いた「長者を想う会」の皆様,大変お疲れ様でした。

回収ゴミ の内訳

  • 可燃ゴミ 6袋
  • 不燃ゴミ 2袋
  • その他 なし

平成25年6月30日(日曜日)

平成25年6月30日,化女沼スマイルサポーターの『長者を想う会』が化女沼の清掃活動を行いました。

今回は長者を想う会13名のメンバーで,早朝7時より作業を開始し,化女沼の周遊道路や愛宕山周辺など広い範囲に渡ってゴミ拾いを行いました。

今回は粗大ゴミ等は見つからなかったものの,燃えるごみ6袋の他,缶・ビン・ペットボトルがそれぞれ1袋ずつ回収されました。

スマイルサポーターやボランティアの皆さんの地道な活動のおかげで,表面的には化女沼の綺麗な環境は保たれておりますが,まだまだ一般利用者のゴミ投棄が絶えずいたちごっこの状態が続いています。

今回も清掃作業を実施して頂いた「長者を想う会」の皆様,大変お疲れ様でした。

回収ゴミの内訳

  • 可燃ゴミ 6袋
  • 不燃ゴミ 3袋
  • その他 なし

収集ゴミ

平成25年5月26日(日曜日)

平成25年5月26日,化女沼スマイルサポーターの『長者を想う会』が化女沼の清掃活動を行いました。

今回は長者を想う会7名,大崎地方ダム総合事務所3名の計10名で,朝7時より1時間半に渡って化女沼周遊道路や自由広場,愛宕山付近にかけて実施しました。

5月22日に化女沼2000本桜の会による清掃活動が行われたばかりにもかかわらず,缶・ペットボトルや紙くずといった小さなゴミから業者による不法投棄とみられる大量の廃タイヤや移動式バスケットゴールの基部と見られる大型プラスチックゴミまで今回も多くのゴミが回収されました。

化女沼では心ない観光者や業者による不法投棄が相次いでおりますが,スマイルサポーターをはじめとしたボランティアの皆さんの地道な活動のおかげで綺麗な環境が保たれています。

今回も清掃活動をして頂いた「長者を想う会」の皆様,大変お疲れ様でした。

回収ゴミの内訳

  • 可燃ゴミ 6袋
  • 不燃ゴミ 3袋
  • その他 廃タイヤ×23,大型プラスチックゴミ

活動状況1

活動状況2

活動状況3

活動状況4

活動状況5

活動状況6

回収物1

回収物2

平成25年5月22日(水曜日)

5月22日は,国連が制定した国際生物多様性の日です。

生物多様性条約事務局では,国際生物多様性の日に世界各地の子ども達が,学校や地域などで植樹等を行う「緑の波(グリーンウェイブ)」への参加を呼びかけています。

この日に合わせて化女沼でもスマイルサポーター『化女沼2000本桜の会』主催により,湖畔の清掃活動と植樹会が開催されました。

植樹会には,地元の幼稚園・保育園の園児ら60人が招待され,草木瓜(クサボケ)やコブシを10本ずつ植樹しました。

園児達にとっては初めての植樹作業でしたが,大人に教えてもらいながらみんなで一生懸命頑張りました。

今回も伊藤大崎市長に激励していただき,

園児達のはしゃぎ声や笑顔が溢れ,大変賑やかで楽しい植樹会となりました。

また,植樹会に合わせて行われた清掃活動でもたくさんのゴミが回収されました。

参加された皆様,大変お疲れ様でした。

回収ゴミの内訳

  • 可燃ゴミ 7袋
  • 不燃ゴミ 1袋
  • その他 廃油等

清掃活動

清掃活動 回収物1

清掃活動 回収物2

植樹1

植樹2

植樹3

植樹4

植樹5

植樹 集合写真

平成25年4月28日(日曜日)

平成25年4月28日,化女沼スマイルサポーターの『化女沼2000本桜の会』『長者を想う会』が合同で湖畔にて清掃活動を行いました。両団体とも今年度第1回目の清掃活動となる今回は,大崎市長が応援に駆けつけ,報道機関の取材が入るなど大変活気のある雰囲気の中での開催となりました。

昨年までの活動に引き続き,今回も多くのボランティアが集い,総勢51名での作業となりました。2時間ほどの活動で可燃ゴミ,不燃ゴミの他,廃タイヤや掃除機,カーペットなど多くのゴミが回収されました。改めて化女沼のゴミ投棄問題の深刻さと環境美化におけるボランティア活動の力の大きさを感らじれる活動となりました。

活動の様子は当日の夕方にNHKニュースの中で紹介されました。

また5月2日の大崎タイムスの記事でも紹介されています。

参加された皆様,大変お疲れ様でした。

回収ゴミの内訳

  • 可燃ゴミ 29袋
  • 不燃ゴミ 8袋
  • その他
    • 廃タイヤ×2
    • 掃除機×1
    • カーペット×1
    • シート×3

清掃状況1

清掃状況2

清掃状況3

清掃状況4

清掃状況5

清掃状況6

清掃状況7

清掃状況8

清掃状況 回収物

平成25年4月6日(土曜日)

平成25年4月6日,化女沼湖畔にて化女沼2000本桜の会の呼びかけで『希望の桜』植樹が開催されました。今年は地元住民や幼稚園児を招き,未来を担う子供達が夢や希望を持って大きく成長するように願いを込めて100本の桜の苗木を植樹しました。当日は園児や地元住民に同会員,自治体関係者を含め100名を超える賛同者が集まり汗を流しました。
参加者からは笑顔が溢れ,大変なごやかな雰囲気の中での開催となりました。

会長あいさつ

大崎地方ダム総合事務所長あいさつ

植樹会

植樹会 集合写真

平成25年4月3日(水曜日)

平成25年4月3日,化女沼2000本桜の会の呼びかけによる『希望の桜』植樹が4月6日に開催されるのに先立ち,会場となる化沼湖畔にてスマイルサポーターの宮城県建設業協会が除草・立木伐採などの環境整備を実施しました。
 総勢31名による念入りな作業の甲斐あって,木が生い茂り雑草が繁茂していた広場が綺麗に整備され,安全に楽しく植樹会を開催できる環境が整いました。おかげで4月6日の植樹会には多くの園児やボランティアが集まり,笑顔溢れるイベント開催となりました。作業にあたってくださった宮城県建設業協会の皆様,大変ありがとうございました。

集合状況

作業状況1

作業状況2

作業状況3

作業状況4

作業状況5