トップページ > しごと・産業 > 農業 > 農地整備 > ザンビア共和国から研修生が訪れました

掲載日:2016年9月27日

ここから本文です。

ザンビア共和国から研修生が訪れました

ザンビアから研修生が4人訪れ,大河原地方振興事務所で研修を行いました

現在,JICAの草の根技術協力事業として,「丸森町の在来技術を活用した小規模農家の食糧安定利用強化プロジェクト」を行っており,9月12日から1ヶ月間,丸森町耕野地区でザンビア共和国の4名が研修を行っています。

その一環として,平成28年9月20日,ザンビア共和国の研修生4人が大河原地方振興事務所農業農村整備部を訪れ,事務所が担う農村活性化の役割について研修を行いました。

当事務所では農業者の生活環境や農業に関わる補助金制度等,農業に対する支援体制を中心に説明しました。研修生達は,補助金の流れなどの具体的な内容に興味がある様子で,質疑応答の多い活発な研修になりました。

研修の様子

研修

研修2

【職場見学】

【集合写真】

今回の研修内容が,ザンビアの農業者の生活環境や,農業支援に貢献できることを願っております。

お問い合わせ先

大河原地方振興事務所 農業農村整備部計画調整班

柴田郡大河原町字南129-1

電話番号:0224-53-2639

ファックス番号:0224-53-3071

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

重要なお知らせ

こちらのページも読まれています

 

information retrieval

このページに知りたい情報がない場合は