ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

大森山植林活動「水土里の学校」

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年11月4日更新

大森山植林活動が行われました

 

平成28年11月1日,角田市にある大森山で植林活動が行われました。

 

あぶくま川水系角田地区土地改良区主催のこの活動は,平成23年から毎年行われています。

平成21年に林野火災が起きた跡地に植林する活動をとおし,ため池の水源地となっている水源林の大切さを伝えると共に,

適正な森林整備の必要性や森林による環境保護の重要性を再確認することを目的として行われています。

 

前回までは,角田市立枝野小学校の児童と一緒に行っていましたが,

今年は近傍の山元町高瀬地区でクマが出没したことから,安全を考えて児童の参加は見送られ,

熱日高彦神社世話人有志との活動となりました。

 

活動の様子

一本ずつ杭で目印をつけながら,約300平方メートルの土地に桜の苗木を100本植えました。

 

活動の様子
【植林前】杭で目印をつけ,穴を掘ります。
前
【植林作業中】1本ずつ,丁寧に植えていきます。
中中
【植林後】【集合写真】
後集合


                                

本活動の初年度(平成23年)に植林した桜は,順調に成長していました。

活動の様子
【平成23年度に植えたもの(奥)】
23

       

大森山への植林活動は,来年で完了する予定です。

これからも森林や環境が守られ,植林した桜が咲き誇ることを願っております。

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。