ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす大河原家畜保健衛生所丸森町南山放牧場 牛の入牧風景

丸森町南山放牧場 牛の入牧風景

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年9月11日更新

 丸森町南山放牧場の入牧時の作業風景

ホルスタインがトラックからおろされる写真

仙南地域の各市町から育成牛が搬入されてきます。

牛が作にロープで補綴される

牛はしっかりと補綴され検査等の作業を待機させます。

牛に耳標を装着する

まずは牧場での識別用(防ダニ効果も有ある)耳標を装着します。

尾の付け根から採血します

次に血液検査のための採血をします。

尾の付け根から採血します

「おとなしくしててね、チクッ」

次は体重測定

放牧前に体重を測定します。

体重測定も終わって

「元気に育ち、大きくなるんだぞ!」

次は防ダニ剤を背中に散布します

測定後、防ダニ薬剤を背中に散布します。

検査が終わったらパドックで待機します

放牧場へ行く前にパドックで待機中。

ようやく放牧地へ

みんな揃ったところで、放牧場へ。

放牧地には美味しい草がいっぱいです

「この草、まいうー!」と(?)モグモグ食べてます。