ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

宮城県生活研究グループ連絡協議会

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年3月10日更新

生活研究グループとは

 農山漁村のよりよい生活や地域の活性化のために,農家の女性達がグループを作り活動をする組織です。地域段階の単位グループから,市町村,地区(農業改良普及センター単位),県,そして全国段階へと繋がっており,会員がそれぞれの目的を持って活動しています。

宮城県生活研究グループ連絡協議会とは

 宮城県生活研究グループ連絡協議会は,昭和40年に発足し,県内125単位グループ,747人の会員(平成25年度現在)が加入している9つの地区生活研究グループ連絡協議会を構成員として,次のような活動を展開しています。

主な活動

  • 総会及び研修大会の開催
  • グループリーダー研修会の開催
  • 機関誌の発行
  • 全国生活研究グループ連絡協議会活動への参加
  • 食育の推進,起業化の推進,パートナーシップ経営の推進など(各地区活動)

 平成25年度 グループ員研修会(豆腐活用料理の実習)

豆腐料理