ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがすしごと・産業農業農業政策業務用米等の多収栽培実証事業の募集について(募集は終了しました)

業務用米等の多収栽培実証事業の募集について(募集は終了しました)

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年4月30日更新

 

事業概要

 県では,需要に応じた生産量を確保するため,業務用米等(新市場開拓用米を含む)を対象に反収アップの取組(多収栽培実証)を行うことで,農家収入の向上と業務用米等の作付面積拡大を目指す実証モデルとなる農業者団体等を募集します。

事業対象者

 農業協同組合,農地所有適格法人(1戸の農家で構成するものを除く),農業者を含む協議会等の団体,市町村

事業要件等

  1. 業務用米等の多収栽培のモデルとなる取組であること。
  2. 業務用米等の生産販売の拡大が見込まれ,農家所得の向上が期待される取組であること。
  3. 事業実施期間内に一定の事業成果が見込まれること。
  4. 令和4年12月24日までに事業を完了すること。

募集期間

 令和3年4月30日(金曜日)から令和3年6月4日(金曜日)まで

補助率及び補助対象経費

 定額補助3,000円/10a,補助上限額1,200千円,下限額600千円,採択予定件数6件

 詳細な募集内容は,下記の案内を御確認ください。

 

 

申請方法

 事業実施計画書を,みやぎ米推進課(窓口:生産販売班)に提出してください。

 

 

事業採用までの流れ

 1 事業実施計画書(別記様式第1号別紙1)の提出

 2 事業ヒアリング

  必要に応じて,応募事業者と県において,事業ヒアリングを行います。

 3 採択

  県で事業実施計画書を審査して採択事業者を決定します。

 ※採択予定件数を超える応募があった場合は,事業実施計画の審査会を実施します。審査会では,事業計画の内容,目 標設定等について審査を行い,採択事業者を決定します。なお,審査結果については,審査終了後,速やかに全ての応募者に対して通知します。                     


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)