ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがすしごと・産業農業技術支援 水稲の出穂状況といもち病対策について(宮城県米づくり推進本部臨時情報第2号)

水稲の出穂状況といもち病対策について(宮城県米づくり推進本部臨時情報第2号)

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年8月18日更新

生育が遅いほ場や葉色が極端に濃いほ場を中心に,いもち病の発生に警戒しましょう!


1 8月10日に「日照不足と低温に関する宮城県気象情報第1号」が発表されています。

2 8月17日現在,水稲作付見込面積の98.4%で出穂が確認され,本年の穂揃期(県作付見込面積の95%で出穂)
 は平年と同じ8月11日となっています。直播栽培等ごく一部のほ場では,まだ出穂していないところや現在出穂中
 のところもあります。

3 生育が遅いほ場や葉色が極端に濃いほ場などでは,日照不足や低温により,上位葉での葉いもちの発生や穂
 への感染が懸念されます。ほ場を入念に見回り,いもち病の発生を確認した場合は直ちに防除しましょう(防除
 のポイントは病害虫防除所8月17日発行「防除情報第6号」を参考にしてください)。


※詳細は別紙 [PDFファイル/208KB]を参照下さい。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)