ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

世界谷地高層湿原保全作業

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年8月31日更新

栗駒国定公園の世界谷地高層湿原は、蔵王国定公園の芝草平と並ぶ学術的価値の高い、貴重な高層湿原です。
初夏にはニッコウキスゲやキンコウカが咲き乱れ、その群落は観光に訪れる人々に親しまれています。

作業の目的

近年、湿原の一部区域において乾燥化の進行によりヨシ・ササが侵入するなど、湿原植生の変化が顕著となっています。
そのため、継続的に保全作業(ヨシ・ササの除去)を実施していく必要があり、関係機関及び関係団体等の協力を得て実施しています。

今年度は、平成30年8月3日に総勢約70名の協力によって実施されました。

北部地方振興事務所林業振興部からは2名が参加しました。

世界谷地の植物について説明参加者全員で世界谷地や向かう        

     世界谷地についての説明(自然保護課)             参加者全員で世界谷地へと向かいます

刈り払いの風景刈り払いの風景2枚目

 刈り払い作業の様子(快晴の中での作業となりました)         刈り払い作業の様子

刈り払われたヨシコバギボウシ

       刈り払われたヨシやササ           コバギボウシの花が疲れを癒やしてくれました

イボミズゴケ世界谷地遠景

          イボミズゴケ                     作業完了です

  (作業中も植物を踏まないよう注意が必要です)