ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがすしごと・産業農業農地整備 合併予備契約調印式が執り行われました
トップページ分類でさがす県政・地域情報広域圏情報大崎合併予備契約調印式が執り行われました

合併予備契約調印式が執り行われました

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年2月6日更新

 平成29年2月1日に,鶴田川沿岸土地改良区と宮城郡松島町手樽土地改良区の平成29年度の統合整備(合併)に向けた,合併予備契約調印式が松島町防災センターで執り行われました。

調印式の様子1調印式の様子2

調印式の様子3調印式の様子4

合併後は新たな「鶴田川沿岸土地改良区」として全体の受益面積は2,860ha,組合員数は1,991名となる予定です。
当部におきましても,本年10月1日の合併に向けての統合整備を今後とも支援していきます。

 鶴田川沿岸土地改良区・宮城郡松島町手樽土地改良区統合整備区域図

統合整備区画図
この地図は,国土地理院発行の5万分1(松島)を一部加工したものです。

受益面積と組合員数
 受益面積組合員数
鶴田川沿岸土地改良区2,632ha1,737人
宮城郡松島町手樽土地改良区228ha254人
合計2,860ha

1,991人

※受益面積と組合員数の合計は単純合計であり,今後変動する可能性があります。