ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがすまちづくり・地域振興地域の活性化地域の活性化世界農業遺産“大崎耕土で農業支援ボランティア活動”が行われました

世界農業遺産“大崎耕土で農業支援ボランティア活動”が行われました

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年12月6日更新

 「世界農業遺産“大崎耕土で農業支援ボランティア活動”」について報告します。

 当事業は,「農業支援ボランティアを通じた,都市住民と農家の方々との交流促進」を目的に行っているものです。

 主催は「石母田ふるさと保全会」で宮城県と加美町の協力のもと,令和元年10月5日(土曜日)に開催しました。前日の天候は雨で実施が危ぶまれましたが,幸い当日は天候が回復し,稲刈り作業を行うには格好の日となりました。(写真1)関係者を含めて約20名の方が参加しました。

 午前中は,「石母田ふるさと保全会」の指導のもと,稲刈り作業を行いました。お昼は,加美町宮崎地区の「宮崎 どどんこ館」にて「餅御前」(写真2)を全員で堪能しました。その後は「蝉堰」「居久根」の見学をし,約半日の農業支援ボランティア活動は終了しました(写真3)。皆さん有意義な時間を過ごしました。

 大崎地域には,蝉堰(せみぜき)を始め,歴史ある用水路「内川」,暮らしを支える屋敷林「居久根」,さらには「南原穴堰」「南原ホタルの里」など素晴らしい農業遺産があります。週末には,大崎地域【大崎市,色麻町,加美町,涌谷町,美里町】へ宮城県内外問わず是非遊びに来てください。

 

稲刈りの写真    お昼ご飯の写真    参加者の集合写真

        1 稲刈り作業                  2 餅御前                     3 集合写真