ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがすしごと・産業農業技術支援 マラウイ共和国からの研修員が大崎管内を視察しました

マラウイ共和国からの研修員が大崎管内を視察しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年7月31日更新

 宮城県では「草の根技術協力事業」のもと,平成23年度よりアフリカ南東部のマラウイ共和国への農業水利に係る技術的支援を行っています。

 今年度も7月16日~8月2日の約3週間,マラウイ共和国からの研修員3名の受入れを行い,7月24日には大崎管内の現地視察に訪れました。

 この日は北部地方振興事務所への表敬訪問を行った後,下記の行程で視察を行いました。

 

                     行    程

(1)大崎土地改良区(土地改良区の組織体制・賦課徴収の仕組み等勉強)

(昼休憩) ~ 和食を堪能しました ~

(2)楡木揚水機場(ポンプアップによる用水供給の視察)

(3)県営農地整備事業 千刈江地区(ほ場整備実施箇所及び未実施箇所の視察)

(4)小水力発電 内川地区(小水力発電施設の視察)

(5)第1号幹線用水路(内川)(水環境整備事業により整備された用水路の視察)

(6)大堰頭首工(大規模取水施設の視察)

 

北部地方振興事務所表敬訪問  大崎土地改良区訪問

千刈江地区視察  第1号幹線用水路視察