ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす北部地方振興事務所 農業農村整備部農業農村整備事業学習会(国営造成施設見学)を開催しました

農業農村整備事業学習会(国営造成施設見学)を開催しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年7月7日更新

 平成29年6月27日,小牛田農林高等学校農業技術科農業土木コースの2年生40名を対象に農業農村整備事業学習会を開催しました。
 この学習会は農業土木コースで学ぶ高校生に農業農村整備への理解を深め,学習に役立ててもらうため,平成18年度から毎年開催しているものです。

 今回の学習会では,二ツ石ダム(加美町宮崎)と桑折江頭首工(大崎市三本木),農地整備事業を実施している美里町青生地区の見学を通して,農地用水や農業水利施設の役割やほ場整備の効果などについて学習しました。

学習会の様子

二ツ石ダム

管理棟で説明を聞いている様子です監査廊を下っている様子ですダムの前で集合写真を撮りました

 管理棟でダムの役割,種類・構造などについて宮城県大崎地方ダム総合事務所の職員から説明を受けた後,監査廊を見学しました。
 監査廊の最下部は地下から約70メートルもあり,上りの階段は生徒のみなさんにとっても厳しい道のりだったようです。

桑折江頭首工

桑折江頭首工管理棟で説明を聞いていますゲート操作室を見学しています
 管理棟で施設の目的や業務内容について国土交通省北上川下流河川事務所鹿島台出張所の職員から説明を受けた後,ゲート操作室を見学しました。
 生徒のみなさんは設備の大きさに驚いていました。

農地整備事業 青生地区

青生地区で説明をしています
 青生地区では,当事務所職員からほ場整備の効果,FOEAS(作物栽培に最適な地下水位を維持するためのシステム),地区で営農している農事組合法人みらいす青生の取り組み,農地整備事業を実施するうえでの環境配慮について説明しました。

今回の学習会での学びを今後の学習や進路選択に活かしてもらえればと思います。

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。