ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがすしごと・産業農業農地整備 環境水文気象学現地講義を開催しました
トップページ分類でさがす県政・地域情報広域圏情報大崎環境水文気象学現地講義を開催しました

環境水文気象学現地講義を開催しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年12月15日更新

 平成28年12月8日,宮城大学食産業学部農業土木科3年生を対象に,環境水文気象学現地講義を行いました。この企画は,9.11関東・東北豪雨災害の事例をもとに,降雨が及ぼす被害とその対応の仕方等について学んでもらうことを目的として開催されました。

講義の様子です①講義の様子です②
 9.11関東・東北豪雨災害における被害の状況と対応についてや農業土木に関わる仕事について講義を行いました。学生のみなさんは熱心に説明を聞き,講義後は様々な質問が寄せられました。

米袋排水機場 現地研修の様子です①米袋排水機場 現地研修の様子です②
 米袋排水機場の現地視察を行い,被災当時の状況を確認しました。また,災害時の緊急対応等について,米袋排水機場の管理者(大崎土地改良区)から説明を受けました。

 今回の講義を今後の学習に役立てていただければと思います。