トップページ > 県政・地域情報 > 広域圏情報 > 大崎 > 農薬散布用ドローンによる防除実演会が行われました

掲載日:2021年11月19日

ここから本文です。

農薬散布用ドローンによる防除実演会が行われました

令和2年9月3日,加美町にある「農事組合法人いかずち」のほ場でドローンによる農薬散布作業の現地実演会が行われました。

水稲種子の採種を行っている「農事組合法人いかずち」では,高品質種子を安定的に生産するため,他品種や雑草の混合を防ぐ防除作業が不可欠となっています。

今までは多くの労力がかかっていた防除作業ですが,散布用ドローンの導入により作業へ費やす人の労力を軽減し,管理・観察作業へ時間をかけることが可能となり,より効率的な高品質種子の生産を実現することができます。

実演会では,手動操作によるマニュアルモードに加え,事前にほ場のデータを登録することにより自動でその範囲内の散布作業を行う自動作業モード,2台のドローンによる協調散布のデモンストレーションが行われました。

農薬散布用ドローンの写真ドローンによる自動散布の様子の写真

実際に操作をした,いかずちのオペレーターは「自動制御によって作業がかなり楽になった。散布のムラも少なく,操作も手軽だった。」と話されていました。

お問い合わせ先

北部地方振興事務所 農業農村整備部計画調整班

大崎市古川旭四丁目1番1号
大崎合同庁舎4階東側

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

重要なお知らせ

こちらのページも読まれています

 

information retrieval

このページに知りたい情報がない場合は