ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがす県政・地域情報広域圏情報大崎鶴田川沿岸と手樽土地改良区の合併へ,統合整備推進協議会の設立総会が開催されました

鶴田川沿岸と手樽土地改良区の合併へ,統合整備推進協議会の設立総会が開催されました

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年6月9日更新

平成28年5月30日に,鶴田川沿岸土地改良区と宮城郡松島町手樽土地改良区の統合整備(合併)に向けた,統合整備推進協議会の設立総会が松島町役場において開かれました。

この協議会では,両土地改良区管内の農業農村の将来的発展や,土地改良区の運営基盤強化,組合員の負担軽減に向けた協議を重ね,平成29年度の合併を目指していく予定です。


設立総会の様子
設立総会の様子

なお,合併後の全体の受益面積は2,825ha,組合員数は1,956名となる予定です。

当部におきましても,鶴田川沿岸土地改良区と宮城郡松島町手樽土地改良区の統合整備を今後とも支援していきます。

                                                                                                       

受益面積と組合員数 (2016年6月1日現在)

  

受益面積

組合員数

鶴田川沿岸土地改良区

2,633ha

1,749名

宮城郡松島町手樽土地改良区

192ha

207名

2,825ha

1,956名

※受益面積・組合員数の計は単純合計であり,今後変動する可能性があります。

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。