ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

小牛田農林高校で学習会を開催!

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年1月18日更新

小牛田農林高校で農業農村整備事業学習会を行いました

平成28年1月15日,宮城県小牛田農林高等学校で農業農村整備事業学習会を行いました。

対象は農業技術科農業土木コース1年生の生徒40人です。

県の職員及び土地改良区の職員が講師となり,農業農村整備に関する講義を行った後,ほ場整備事業を実施中の地区に移動し,現場研修と測量実習を行いました。

農業農村整備事業に関する講義の様子

当事務所の職員が講師となり,農業土木のルーツや,農業農村整備事業の内容について講義を行いました。

また,旧迫川右岸土地改良区(涌谷町小里)の職員から土地改良区の役割や仕事について説明していただきました。
小牛田農林高校の卒業生である職員からの話もあり,生徒達は興味深く聞いていました。

講義風景1講義風景2

 

ほ場整備事業 現場研修の様子

講義の後,ほ場整備事業の現場研修を行いました。
大崎市田尻地域と涌谷町小里地域にまたがる「鹿飼沼地区」で,工事受注者である株式会社佐々木組の協力の下,研修を行いました。

ほ場の形を作っている最中の現場で,工事内容について説明しました。
現場研修1現場研修2

整備途中のほ場に入り,整地の均平度を確認する測量実習を行いました。
測量の様子1測量の様子2

当事務所の職員をはじめ,株式会社佐々木組,旧迫川右岸土地改良区の職員が,測量実習のお手伝いをしました。
集合写真

みなさんお疲れ様でした。今回の学習会がみなさんの学習の役に立てば幸いです。

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。