トップページ > 県政・地域情報 > 広域圏情報 > 大崎 > 大崎耕土の伝統野菜を紹介します~鬼首菜~

掲載日:2021年12月8日

ここから本文です。

大崎耕土の伝統野菜を紹介します~鬼首菜~

鬼首菜(おにこうべな)とは

鬼首菜は鬼首地区において農家が代々種を取りつないできたカブ菜の一種です。正確なことは不明ですが「鬼首菜」と認識されて生産され始めたのは戦後,食糧難の時代からとされています。地元では「地の菜」がなまり「ずなっこ」と呼ばれ,主に漬け物として親しまれてきました。味はほんのり辛みがあり、香りが強いのが特徴です。葉や茎が緑色のものと紫色のものの2種類があります。

鬼首菜(白緑系)の写真鬼首菜(赤紫系)の写真

8月上旬に播種し,寒さが増してくる11月頃に収穫することで辛みが生まれます。

生産農家は数十年前までは30~40戸ほどありましたが,今では4戸ほどに減っています。現在は,一般にあまり流通していない幻の野菜です。

以前,ホテルなどでの加工品の販売を試みましたが傷みが早く,添加物を使わず自然のままの味を楽しんでもらいたいという生産者の思いから販売を続けることを断念しました。

生産者の髙橋さんは,今後は,観光素材の一つとして「あそこに行けば鬼首菜が食べられる」と周囲に知られ,地元の旅館などで使ってもらえたら良いと話していました。そのためにも知名度の向上が必要です。令和3年度からは大崎地域世界農業遺産推進協議会が進める「豊饒の大地「大崎耕土」世界農業遺産ブランド認証制度」の認証品となり,「道の駅おおさき」で販売会が行われたほか,現在,地域の漬け物店で加工品の試作に取り組んでいるそうです。

また,令和3年は宮城県南郷高等学校が「大崎耕土世界農業遺産支援プロジェクト」として鬼首地区を訪れ,鬼首菜の採種作業や収穫作業の支援を行いました。

採種作業の様子の写真収穫作業の様子の写真

このように,各方面が関わりながら,伝統野菜鬼首菜の再興に向け進んでいます。

おすすめの食べ方

鬼首菜のふすべ漬け

鬼首菜のふすべ漬けの写真

材料

  • 鬼首菜

作り方

  1. 鬼首菜を熱湯に入れ数十秒ふすべます(湯がきます)。ふすべる時間が短いほど辛みが残ります。
  2. ふすべた鬼首菜を水で冷やしてから,水分をよく絞ります。
  3. 2%程の量の塩に漬けます。
  4. 一晩漬けておくと辛みや風味がより引き立ちます。

お問い合わせ先

北部地方振興事務所 農業農村整備部計画調整班

大崎市古川旭四丁目1番1号
大崎合同庁舎4階東側

電話番号:0229-91-0724

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

重要なお知らせ

こちらのページも読まれています

 

information retrieval

このページに知りたい情報がない場合は