トップページ > くらし・環境 > 宮城県の自然 > 景観保護 > 林地開発許可について

掲載日:2019年1月28日

ここから本文です。

林地開発許可とは

1ヘクタール(10000平方メートル)を超える面積の森林※1(保安林を除く。)の開発※2をしようとするときは,知事の許可を受ける必要があります。

※1 森林とは,森林法に基づく地域森林計画において,森林として利用することが適当とされている民有林のことをいいます。

※2 開発とは,土石の採取や林地以外(住宅造成,レジャー施設や工場用地,再生可能エネルギー施設,農地,土捨て場など)へ転用する土地の形質の変更を行う行為のことをいいます。

林地開発許可の4つの基準

  1. 災害の防止(土砂流出や崩壊その他の災害発生の恐れがないこと。)
  2. 水害の防止(下流域において水害を発生させる恐れがないこと。)
  3. 水の確保(周辺地域の水質・水量などに支障を及ぼす恐れがないこと。)
  4. 環境の保全(地域環境を著しく悪化させる恐れがないこと。)

申請の手続き

  1. 開発予定箇所が,林地開発許可申請に該当するか事前相談を行う。
    ※自然保護課webサイト受付窓口一覧を参照。
  2. 該当する場合は,「林地開発許可申請の手引き」を参考に申請書類の作成を行う。
  3. 申請より許可までの標準処理期間は80日(土日,祝日,補正期間含まず。)となっています。
    また,開発行為面積が10ヘクタールを超える場合は,「森林審議会」の意見聴取が必要になりますので,80日を超える場合があります。

申請書の作成や詳しい内容は,自然保護課のwebサイトを参照。・・・リンク

お問い合わせ先

北部地方振興事務所栗原地域事務所 林業振興部森林管理班

栗原市築館藤木5-1

電話番号:0228-22-2133

ファックス番号:0228-22-5795

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

重要なお知らせ

こちらのページも読まれています

 

information retrieval

このページに知りたい情報がない場合は