トップページ > 県政・地域情報 > 広域圏情報 > 栗原 > くりはら安全安心なおもてなし発信事業の企画提案を募集します。

掲載日:2021年11月26日

ここから本文です。

くりはら安全安心なおもてなし発信事業の企画提案を募集します。

1 更新情報

令和3年11月9日(火曜日) 「くりはら安全安心なおもてなし発信事業」の企画提案の募集を開始しました。

令和3年11月26日(金曜日) 質問に対する回答を公開しました。

2 委託事業名

 くりはら安全安心なおもてなし発信事業

3 委託事業の概要

 本事業では,ウィズコロナやデジタル社会における,首都圏一極集中の是正や,関係人口の拡大の取組など,若い世代(~30代)を中心とした観光産業の変革を見据え,「栗原」で実施している新型コロナウイルス感染症対策等を紹介しながら,「安全安心」な地域かつ,「住みたい田舎東北1位」に示されるような温かみのある「おもてなし」の心を積極的にPRするための映像等資材の制作とその効果的な発信及び,YouTube等を通じた発信力強化のための観光関連事業者向けワークショップを実施します。

 事業実施にあたって,企画提案を公募して委託事業者を選定します(プロポーザル方式)。

 詳細については,下記掲載されている募集要項をご確認ください。

4 委託期間

 委託契約締結日から令和4年3月15日まで

5 事業費(委託上限額)

 金1,539,000円以内(消費税及び地方消費税の額を含む。)

6 応募者の参加要件

 以下の(1)から(8)までに掲げる要件の全てを満たすものとする。

(1)宮城県内に本社,支社,営業所又はこれに類する事業拠点を有し,本業務の実施について,県の要求に応じて即時に来庁し,対応できる体制を整えていること。

(2)法人格を有している団体,または,以下の要件を満たす団体。

 イ 共同体を構成する各団体等が明確であり,それぞれ法人格を有すること。

 ロ 構成員間における協定書等において,事故が起きた場合等の責任の所在が明確になっていること。

(3)地方自治法施行令(昭和22年政令第16号)第167条の4(一般競争入札の参加資格)の規定に該当しないこと。

(4)宮城県税並びに消費税及び地方消費税を滞納していないこと。

(5)宮城県の物品調達等に係る競争入札の参加資格制限要領(令和2年4月1日施行)の別表各号に掲げる資格制限の要件に該当しないこと。

(6)宮城県入札契約暴力団等排除要綱(平成20年11月1日施行)の別表各号に規定する措置要件に該当しないこと。

(7)政治団体(政治資金規正法(昭和23年法律第194号)第3条に規定するもの)に該当しないこと。

(8)宗教団体(宗教法人法(昭和26年法律第126号)第2条の規定によるもの)に該当しないこと。

7 スケジュール

公募スケジュール

表のサイズを切り替える

 
(1)企画提案の募集開始 令和3年11月9日(火曜日)
(2)質問受付 令和3年11月9日(火曜日)から令和3年11月19日(金曜日)午後5時まで
(3)質問への回答 令和3年11月26日(金曜日)までに回答
(4)企画提案書の提出期限 令和3年11月30日(火曜日)午後5時必着
(5)委託事業者選考委員会(面接審査) 令和3年12月上旬予定
(6)選定結果の通知及び公表 令和3年12月中旬予定
(7)契約締結 令和3年12月下旬予定

8 業務委託の候補者の選考方法

 公募型プロポーザル方式

9 募集要項等

募集要項 [PDFファイル/407KB](PDF:407KB)

仕様書 [PDFファイル/217KB](PDF:217KB)

関係様式 [Wordファイル/24KB](ワード:24KB)

10 質疑回答

質問に対する回答(PDF:316KB)

11 問い合わせ先および書類提出先

宮城県北部地方振興事務所栗原地域事務所地方振興部商工・振興班

〒987-2251 栗原市築館藤木5-1 宮城県栗原合同庁舎2階

電話:0228-22-2195 ファクシミリ:0228-22-6284

電子メール:nh-khsinbk@pref.miyagi.lg.jp

お問い合わせ先

北部地方振興事務所栗原地域事務所 地方振興部商工・振興班

宮城県栗原市築館藤木5-1 栗原合同庁舎2階

電話番号:0228-22-2195

ファックス番号:0228-22-6284

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

重要なお知らせ

こちらのページも読まれています

 

information retrieval

このページに知りたい情報がない場合は