トップページ > 健康・福祉 > 健康・医療・保健 > インフルエンザ予防 > リハビリに関する相談事業のご案内

掲載日:2021年6月23日

ここから本文です。

リハビリに関する相談事業のご案内

介護を必要とする高齢者や障害のある方の日常生活上の困難を軽減し,住み慣れた地域で少しでも安心して暮らしていけるよう,リハビリ専門職による個別訪問や栗原市等,関係機関が実施する各種保健福祉事業への支援を実施しています。

このようなスタッフが対応します。

作業療法士(OT)・理学療法士(PT)

食事や排泄,入浴といった日常生活に必要となる基本的な活動や家庭,地域での役割活動について改善の可能性をアセスメントし,適切な運動や動作方法,生活機能の改善に役立つケア方法の提案をします。また,適切な福祉用具の選定・活用方法や住宅環境の改善案等について助言します。

言語聴覚士(ST)

失語症や構音障害など,病気によって生じたコミュニケーション障害やことばの発達に遅れのある子どもの発達状況のアセスメントを行い,能力に応じたコミュニケーション方法や療育支援等の提案をします。また,口腔内の機能や食物の飲み込みに必要となる摂食・嚥下機能をアセスメントし,適切な食形態や口腔機能の改善に役立つケア方法について助言します。

リハビリテーション専門医

医学的観点から病気や障害の改善可能性,悪化の危険性を予測し,適切な治療や処方に導きます。

このような支援を行います。

市や施設,事業所等が実施する事業への支援(市町村等事業支援)

市や施設,事業所等が実施する事業に対して,リハビリテーション専門職が事業担当者と連携し,事業の充実に向けて次のような支援を行います。

具体例)

  • 職員研修や勉強会でのリハビリをテーマとした講話を聞きたい。
  • 地域ケア会議や個別ケース検討会において,リハビリ専門職の立場から意見を聞きたい。
  • 利用者の自立支援に向けた事業所の取組に対し,リハビリ専門職の立場から助言を得たい。等

個別ケースへの支援(リハビリテーション相談)

要介護や障がい者のケアマネジメント担当者,サービス提供者(施設・事業所)から相談のあった個別ケースがより安全に,安心して暮らしていくための手段等について,リハビリテーション職の立場から御提案します。

具体例)

  • 身体機能(発達)評価や生活動作能力の評価支援
  • 日常生活上の動作方法や介助方法の検討・提案
  • 残存能力に応じた福祉用具の選定・住環境改善方法の提案
  • 摂食・嚥下障害のある方の食事能力のスクリーニング評価・助言
  • コミュニケーション障害への支援方法の提案 等

※ご利用の前に実施要領等を御参照ください。

お問い合わせ・相談依頼様式
事業区分 申込先・様式等

「市町村等事業支援」

をご利用の場合

〈申込先〉

宮城県北部保健福祉事務所栗原地域事務所 成人・高齢班

※地域リハビリテーション担当宛てに事前にお電話ください。

☎ 0228-22-2116 FAX 0228-22-7594

「リハビリテーション相談」

をご利用の場合

〈申込先〉

  • 介護保険サービスや介護予防事業等の利用者の場合
    ⇒栗原市介護福祉課 ☎ 0228-22-1350
  • 障害者総合支援法によるサービス利用者の場合
    ⇒栗原市社会福祉課 ☎ 0228-22-1340
  • 児童福祉法によるサービス利用者の場合
    ⇒栗原市健康推進課 ☎ 0228-22-0370

※申込先に事前に連絡の上,相談票をご提出ください。

お問い合わせ先

北部保健福祉事務所栗原地域事務所(栗原保健所)成人・高齢班

栗原市築館藤木5-1

電話番号:0228-22-2116

ファックス番号:0228-22-7594

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

重要なお知らせ

こちらのページも読まれています

 

information retrieval

このページに知りたい情報がない場合は