掲載日:2016年12月21日

ここから本文です。

その他難病に関する事業

指定難病訪問看護治療研究事業について

指定難病医療費助成制度事業の対象疾患が原因で人工呼吸器を装着し,在宅で療養している患者さんに対し,医師が医療報酬で定められた回数を超える訪問看護を必要と認めた場合,年間260回を限度に訪問看護を実施します。

お問い合わせ先県各保健所(支所),仙台市各区保健福祉センター

筋萎縮性側索硬化症(ALS)介護人派遣事業について

在宅で人工呼吸器を使用している筋萎縮性側索硬化症(ASL)の患者さんを常時介護しているご家族が休息をとる間や,病気や冠婚葬祭に出席する場合等に介護人を派遣する事業です。

より詳細については筋萎縮性側索硬化症(ALS)介護人派遣事業をご覧ください。

事業の廃止について

下記の事業は,平成25年4月1日より,難病患者等の方々が障害者総合支援法による障害福祉サービスの対象になったことから,平成25年3月31日をもって廃止されました。

  • 難病患者等日常生活用具給付事業
  • 難病患者等短期入所事業
  • 難病患者等ホームヘルプサービス事業

詳細はこちらをご覧ください。→障害者の範囲への難病等の追加について

お問い合わせ先

北部保健福祉事務所栗原地域事務所(大崎保健所栗原支所)疾病対策班

栗原市築館藤木5-1

電話番号:0228-22-2117

ファックス番号:0228-22-7594

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

重要なお知らせ

こちらのページも読まれています

 

information retrieval

このページに知りたい情報がない場合は