トップページ > 健康・福祉 > 健康・医療・保健 > 感染症予防 > これまでの知事臨時記者会見・メッセージ

掲載日:2021年3月12日

ここから本文です。

これまでの知事臨時記者会見・メッセージ

以下の記者発表資料等をまとめています。このほかの情報は新型コロナウイルス感染症について(栗原保健所ホームページ)を御覧ください。

12月16日宮城県新型コロナ危機宣言11月19日宮城県医師会・仙台市医師会緊急メッセージ11月16日知事から県民の皆様への呼びかけ11月9日宮城県緊急警報9月13日緊急共同記者会見9月10日知事・仙台市長による共同メッセージお盆休みにおける帰省等に関する知事から県民の皆様へのお願い知事から県民の皆様へ緊急の呼びかけ

12月16日 宮城県新型コロナ危機宣言

県内では12月に入り,入院者数及び一日当たりの新規感染者数が過去最多を記録するなど,感染拡大,クラスター発生が続いています。

今,本県は,医療崩壊が危ぶまれる危機的状況にあります。

命と暮らしを守るためには,一人ひとりが年末年始を静かに過ごすことが必要です。

12.16 危機宣言(PDF:211KB)

スライド版)12.16危機宣言(PDF:1,827KB)

11月19日 宮城県医師会・仙台市医師会緊急メッセージ

県内における新型コロナウイルス感染症患者の増加により,以前にも増して大変な緊張感の中で対応にあたっている医療機関の現状を踏まえ,宮城県医師会から「宮城県医療危機的状況宣言」が出され,公益財団法人宮城県医師会 佐藤和弘会長と一般社団法人仙台市医師会 安藤健二郎会長から,県民の皆様へ向けて緊急メッセージが発信されました。

11.19 医師会緊急メッセージ(PDF:984KB)

11月16日 知事から県民の皆様への呼びかけ

11月16日に県内の感染状況等について発表がありました。

  1. 16日までの1週間において,学校でのクラスターが発生するなど新規感染者が増加傾向にあり,月別の1日当たり発生数を4月の感染拡大期と比較すると,11月は6.4倍になっています。また,9月から11月までの新規感染者は782人で,このうちクラスターによる感染者は半数近くの330人,それに関連した感染者を含めるとさらに多くの方がクラスター由来の感染者となっています。
  2. 県内のクラスターの状況は,接待を伴う飲食店や酒類提供飲食店での発生件数が多くなっているものの,高齢者施設,児童関連施設,遊興施設や学校など,様々な施設においてクラスターが発生しています。
  3. 都道府県別の人口10万人当たりの1週間の感染者数は,全国と比較しても宮城県は高い水準で感染が拡大しています。15日の入院者数は過去最高の73人となり,そのうち60歳以上の高齢者が約8割を占め,高齢者の感染が増加しているなど,引き続き警戒が必要な状況となっています。

これを受けて,知事より皆様への呼びかけがありました。

  • 宮城県の状況は大変重要な局面を迎えています。感染の連鎖を断ち切りこの局面を乗り切るためにも,県民お一人お一人が自分自身の問題としてぜひ考えていただきたいと思います。
    お一人お一人が家庭で,職場で,しっかりと感染対策を取ってください。そうしなければ,この新型コロナウイルスの感染を止めることはできません。
  • 県民の皆様お一人お一人が自身の問題と捉え,最大限の警戒をしていただき,もう一度基本的な感染対策を確認いただくようお願いいたします。
    発熱や咳など体調が優れないときは,無理せず外出を控えてください。高齢者や基礎疾患を有する方と接する場合には,特に感染対策をしっかりするなど,一層の注意をお願いいたします。飲酒を伴う懇親会など,感染リスクが高まる5つの場面では,感染を回避する行動を実践してください。

11.16 記者発表資料(PDF:1,216KB)

!宮城県緊急警報!

11月9日に宮城県緊急警報が発表されました。

  • 9月以降,相次いでクラスターが発生し,その数は16事例になります。また高齢者施設や遊興施設で複数の感染が確認されています。
  • 直近1週間程度で入院者が急増しています。そのうちの大半が60歳代以上となっており,死亡事例も発生しています。

入院状況

単位:人 10月31日 11月8日
入院総数 32 69
総数のうち60代以上 16 50
  • 高齢者施設や遊興施設等の事業者の皆様には,業種ごとの感染拡大予防ガイドラインの遵守徹底をお願いいたします。

11.9 宮城県緊急警報(PDF:335KB)

9月13日 緊急共同記者会見

8月下旬以降,2週間以上にわたり連日新規患者が発生しており,今月11日にはこれまでで最多となる一日あたり15人の新規患者が発生しました。また,12日における入院患者等の療養者は75人となり,こちらもこれまで最多だった4月18日の70人を超える状況となっています。

これらのことから,知事・仙台市長・宮城県医師会会長・仙台市医師会会長による緊急の共同記者会見を行いました。

このような状況が続くと,患者が大幅に増加し,医療提供体制や地域経済にこれまで以上に大きな打撃が懸念されます。県民・市民の皆様や事業者の皆様には,引き続き,感染予防対策に取り組んでいただくようお願いいたします。

9.13 県民・市民の皆様への共同メッセージ(PDF:219KB)

9月10日 知事・仙台市長による共同メッセージ

宮城県及び仙台市において,8月26日以降,2週間以上にわたり新規患者が連日発生しており,9月9日まで新規患者数の累計が75人と,2週間の患者発生数としては過去最多となっています。

このことを受け,知事と仙台市長より県民の皆様へメッセージがあります。

このような状況が続くと,感染者が大幅に増加し,医療提供体制や地域経済に大きな打撃を受けることが懸念されます。県民・市民の皆様には,引き続き,感染予防対策に一層取り組んでいただくようお願いいたします。

9.10 共同メッセージ(PDF:233KB)

お盆休みにおける帰省等に関する知事から県民の皆様へのお願い

8月5日,政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会において,お盆休みにおける帰省等のあり方について,政府に対し提言がありました。
この提言を踏まえ,県民の皆様にはお盆休みの帰省等について,次のことをお願いします。

  • 発熱等の症状がある場合は,帰省等を控えてください。
  • 発熱等の症状がない場合も,ご家族と相談するなど,慎重に対応してください。
  • 基本的な感染予防策を徹底し,三密を極力避けるとともに,特に大人数の会食など感染リスクが高い状況を控えるなど,高齢者等への感染につながらないよう注意をお願いします。

8月6日 知事メッセージ(PDF:302KB)

知事から県民の皆様への緊急の呼びかけ

7月16日,1日の新規患者数としてこれまでで最多となる14名が確認されました。

このことから,知事より県民の皆様への緊急呼びかけを行いました。
知事メッセージでは,「新しい生活様式」を強く意識した行動をすること,県外に移動する際には移動先の情報収集をしっかりと行うことなど一層の感染対策へのご協力をお願いしております。

0716知事メッセージ(PDF:159KB)

お問い合わせ先

北部保健福祉事務所栗原地域事務所(大崎保健所栗原支所)疾病対策班

栗原市築館藤木5-1

電話番号:0228-22-2117

ファックス番号:0228-22-7594

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

重要なお知らせ

こちらのページも読まれています

 

information retrieval

このページに知りたい情報がない場合は