ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

国道398号 温湯道路改良事業レポート

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年12月12日更新

平成30年度工事進捗状況について

  国道398号は宮城・秋田両県の文化・経済交流はもとより産業振興・経済活動や観光振興に

大きく寄与する重要な路線であり,湯沢市と栗原市の交流を促進する不可欠な路線です。温湯

橋以北の花山温湯地区「通称・七曲」は,急峻な地形で急カーブが連続し,幅員も狭く見通しが

悪いため,カーブ区間の拡幅等により安全な通行の確保を目的として,平成29年度から事業着手

しています。

平面図

  平成30年度から見通しの悪いカーブにおける樹木の伐採を行い,拡幅工事に着手し,全10箇所

の内7箇所の拡幅工事を実施しました。現在は降雪・積雪・凍結等から来年春までの冬期通行規制

を実施しております。

施工前施工後

 

  残りの拡幅及び舗装工事等について,次年度以降に引き続き実施する予定としております。通行

の際には御不便をお掛けすることもありますが,安全を確保し早期完成に向けて参りますので,ご理

解,ご協力をよろしくお願いします。

 

※PDF版はこちらです。国道398号 温湯道路改良事業レポート [PDFファイル/424KB] 

 


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)