ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

一級河川迫川 河川改修事業

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年9月5日更新

社会資本整備総合交付金事業

 迫川の若柳工区は、これまで河川改修により新堤を整備してきたが、若柳市街地付近では川幅が狭く流下能力も低い狭窄部となっており、長沼ダム完成まではダム上下流の治水安全度逆転を防ぐため改修等を行えずにいたところである。
 平成25年度に長沼ダムが完成したことから、低水路掘削を行い洪水時の流下能力の向上対策を進めていく。

事業内容

【事業箇所】 栗原市若柳字川南~大林
【全体事業費】 C=2,071百万円
【施工延長】 L=7.9km
【事業期間】 平成24年度~
【進捗率(H27末)】 20.0%
【H28事業費】 C=350百万円(内災害対策等緊急推進事業費C=150百万円)

【全体計画】 河道掘削 L=7.9km

【H28概要】 河道掘削 50,000m3(内災害対策等緊急推進事業費分21,000m3)

事業効果

 長沼ダム整備と連携して河道掘削を推進し、治水安全度向上を図る。

迫川

 

 

 

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。