ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす北部家畜保健衛生所予防が大切 炭疽(たんそ)病

予防が大切 炭疽(たんそ)病

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年2月13日更新

炭疽(たんそ)病を防ぐために ~予防が大切 炭疽(たんそ)病~

炭疽(たんそ)病とは

人畜共通の病気です

炭疽(たんそ)病による急性の伝染病で,感染した牛は突然高熱(41~42℃)を発し,1~3日の経過で死亡します。
多くの場合,死の直前か直後に発見され,天然口(鼻孔,口腔,肛門等)から凝固不全の黒赤タール様の血液の漏出が見られます。
そのような牛を発見したら,むやみに触らず,また,人の出入りを抑え,至急に家畜保健衛生所へ連絡してください。

発生後の被害は?

  1. 発生農家は,牛の死亡及び汚染された牛の淘汰,出荷停止,汚染物品の焼却など農場の清浄化を行います。また,周辺地域の家畜の移動も禁止されます。
  2. もし,集乳所に汚染された牛乳が混入した場合,その牛乳の処分とタンク等の徹底した消毒が行われます。
  3. また,乳工場へ汚染された牛乳が混入した場合,その牛乳の回収と処分及び工場内の徹底した消毒,そして,営業停止となります。

予防方法

ワクチン注射が効果的な予防法です。

掛かり付けの獣医師へ御相談ください。