ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

在宅医療・介護連携推進事業について

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年12月3日更新

 

宮城県遠田郡在宅医療・介護連携推進事業従事者研修会 (開催報告/資料・動画公開)

 医療や介護が必要となっても、できる限り住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続けるために、医療と介護等のサービスが包括的・継続的に提供される多機関多職種の協働が求められており,新型コロナウイルスへの対応が迫られていますが、中長期的に見れば、その重要性は変わらないと考えられます。

 そこで,遠田郡の医療介護行政関係者が、在宅医療・介護連携体制の現状と今後の方向性についての共通理解を深め,在宅医療・介護連携体制構築を推進することを目指し,遠田郡内医療介護従事者を対象に「従事者研修会」を開催しました。

主催

涌谷町在宅医療介護連携推進協議会 
美里町在宅医療介護連携推進会議
遠田郡医師会
宮城県北部保健福祉事務所

1 実施日時・場所 

  令和2年10月30日(金曜) 午後7時15分から午後8時15分まで

  宮城県大崎合同庁舎5階会議室/ZOOMオンライン

2 研修内容

 〇研修会開催要領

 研修会開催要領 [PDFファイル/405KB]

 〇研修会次第

 研修会次第 [PDFファイル/87KB]

 〇講演

  テーマ:「医療・介護連携の深化に向けた市町村、医師会の役割」

  講師:株式会社ニッセイ基礎研究所 保険研究部

     主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター・ジェロントロジー推進室兼任

     三原 岳(みはら たかし)氏

  ニッセイ基礎研究所 三原 岳 主任研究員 講演資料 [PDFファイル/3.3MB]

ニッセイ基礎研究所三原岳主任研究員からは,「地域包括ケア」という言葉の意味を深堀りすることを通じ,患者や住民の視点で政策の動向を捉える重要性,「利用者から見た在宅ケアとは何か」という点を関係者が連携しつつ生活を支援する「生活モデル」を紹介頂き,在宅医療介護連携の現状・課題,全国の事例を交えながら,新型コロナ禍の影響を含めた今後の宮城県内の取組について提言を含む内容の講演を頂きました。

 

〇行政説明

  「今後の遠田郡の在宅医療介護連携について」

   涌谷町地域包括支援センター 佐々木 敦 氏  

   行政説明資料 [PDFファイル/1.49MB]

涌谷町地域包括支援センターからは,郡内の地域ケア・包括ケアに関する取組状況等を報告頂きました。

 

3 研修会動画資料

 動画URL:https://youtu.be/Q3ikfXnEjwM

 

 


宮城県では引き続き,地域ケア・包括ケアの課題解決について,各自治体と協働しながら,事業に取り組んでいきます。

 

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)