ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

有毒植物による食中毒防止の徹底について

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年5月11日更新

有毒植物による食中毒防止の徹底について

 例年,特に春先から初夏にかけて,有毒植物の誤食による食中毒が多く発生しています。農林水産省・厚生労働省で作成したリーフレットや自然毒のリスクプロファイル等を活用するなど,食用と確実に判断できない植物については,絶対に「採らない」,「食べない」,「売らない」,「人にあげない」よう注意してください。

 また,近年,農産物直売所等で販売されていた山菜や野菜に混じって有毒植物が販売され,当該有毒植物を喫食した消費者に食中毒が発生するという事例が報告されています。農産物直売所の管理者は,出荷された野菜,山菜等について確認を行うとともに,出荷する生産者に対して,有毒植物に対しての注意喚起をお願いします。

参考

 農林水産省ウェブページ

 ○知らない野草・山菜は採らない・食べない!

  https://www.maff.go.jp/j/syouan/nouan/rinsanbutsu/natural_toxins.html

 ○野菜・山菜とそれに似た有毒植物

  https://www.maff.go.jp/j/syouan/nouan/rinsanbutsu/leaflet.html

 

 厚生労働省ウェブページ

 ○有毒植物による食中毒に注意しましょう

  https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/shokuhin/yuudoku/index.html

 ○自然毒のリスクプロファイル

  https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/shokuhin/syokuchu/poison/index.html