ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす農山漁村なりわい課農産物直売所や農産加工に関する支援事業

農産物直売所や農産加工に関する支援事業

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年8月27日更新

 農産物の直売や農産加工などに意欲的に取り組む農業者組織等に対して,商品力や販売力の向上,施設整備等の支援をします。本文へジャンプ

商品力や販売力の向上支援

農産加工レベルアップ研修(夏季集中講座) 全3回 ※募集中

開催要領はこちら→開催要領(レベルアップ研修) [PDFファイル/227KB]

第3回募集案内はこちら→募集案内(第3回) [PDFファイル/522KB]

第3回申込用紙はこちら→参加申込用紙(第3回) [Wordファイル/35KB]

【目的】

 県内農産加工者の販売力向上には,商品開発による新規顧客の開拓及び商品満足度を上げ,既存顧客を維持することが重要である。一方,農産加工を取り巻く環境も変化しており,税制改正や衛生管理等各種制度への準拠及び市場をとらえることも不可欠である。今回は,農産加工を取り巻く環境変化に主眼を置き,県内の農産加工者等が,時代に即した農産加工へ対応することを目的に,農産加工に係るレベルアップ研修を実施する。

【概要】

研修テーマ『時代に即した農産加工への対応』
日時場所内容

※終了しました

[第1回]

令和元年7月18日(木曜日)

13時30分から16時00分

宮城県庁2階第2入札室

(宮城県仙台市青葉区本町3丁目8-1)

テーマ『付加価値の見える化』

(1)「消費税増税に係る基礎知識(軽減税率等)」

 講師:税務職員

(2)「農産加工における価値,原価の把握」

 講師:株式会社宮城フラワーパートナーズ

     代表取締役 今野 高氏

※終了しました

[第2回]

令和元年8月26日(月曜日)

13時30分から16時00分

宮城県庁2階第2入札室

(同上)

テーマ『農産加工のリスク管理』

「農産加工における衛生管理とHACCPに関する基礎知識」

 講師:一般財団法人食品環境検査協会 仙台事業所

     上席研究員 田中 宏朗氏

※申し込み受付中

[第3回]

令和元年9月25日(水曜日)

13時00分から14時30分

宮城県庁2階第2入札室

(同上)

テーマ『農産加工の市場分析』

「農産加工におけるビジネス機会」

 講師:公益財団法人流通経済研究所

     主任研究員 折笠 俊輔氏

 ※上記研修に引き続き,14時30分から16時で,「6次産業化

 研修」を開催(同講師)。

【対象者】

農産加工者,農業共同組合,直売所関係者,市町村,県関係機関等

【申し込み方法】

第3回募集チラシの申込書に必要事項を記入の上,下記申し込み先にFAX及びメールでお送りください。

【申し込み先】

宮城県農政部農山漁村なりわい課6次産業化支援班あて

TEL 022-211-2242 FAX 022-211-2416

E-mail nariwai-6@pref.miyagi.lg.jp

「食品表示セミナー」 ※募集は終了しました

「猶予はあと8か月!あなたの商品,食品表示基準への移行は済んでいますか!?」

開催要領はこちら→開催要領(食品表示セミナー) [PDFファイル/193KB]

募集チラシはこちら→募集チラシ(食品表示セミナー) [PDFファイル/531KB]

【目的】

 近年,「食」の安心・安全に対しては,急速に関心が高まり,これまで以上に販売の現場での食品表示の重要性が高まっている。食品表示法の移行期間満了も2020年3月に迫っており,法対応も急務である。農産加工や農産物直売所の取り組みにおいても,正しい食品表示の知識を身につけ,自社商品における食品表示ラベルを点検・作成する実践力を養う必要がある。そこで,食品表示法改正に伴う基礎知識と表示ラベル作成におけるポイントを学ぶことを目的としたセミナーを開催する。

【概要】

 
日時場所内容

※終了しました

[第1回]

令和元年8月5日(月曜日)

13時30分から16時00分

宮城県産業技術総合センター大会議室

(宮城県仙台市泉区明通2丁目2)

・食品表示法のポイント

・食品表示切り替え期間満了

講師:猪股 照美氏

    《一般社団法人食品表示検定協会認定

    上級食品表示診断士》

【対象者】

農産加工者,農業協同組合,直売所関係者,市町村,県関係機関等

【申し込み方法】

募集チラシの申込書に必要事項を記入の上,下記申し込み先にFAX及びメールでお送りください。

【申し込み先】

宮城県農政部農山漁村なりわい課6次産業化支援班あて

TEL 022-211-2242 FAX 022-211-2416

E-mail nariwai-6@pref.miyagi.lg.jp

平成31年度専門アドバイザー派遣事業  ※募集は終了しました

  • 内容:農産加工組織等の商品力や販売力の向上を支援するため,各組織が抱える課題の解決に必要な専門アドバイザーを派遣します。
  • 対象:農産加工組織等
  • 派遣分野:加工技術の高度化,経営改善支援,マーケティング支援 等
  • 派遣回数:1団体につき年間3回まで(1回3時間まで)
  • 申請者負担:1回当たり千円

 【申込方法】 

 別紙計画書(計画書 [Wordファイル/54KB])を記載の上,所轄の県地方振興事務所又は地域事務所の農業振興部へ提出してください。

 【締切】

 5月16日木曜日

  ※要望多数の場合は内容等を考慮し,調整することがあります。

    詳しくはこちら ⇒ 実施要領 [Wordファイル/43KB]  別記様式 [Wordファイル/120KB]

 平成31年度農産物直売所マーケティング支援事業 ※募集は終了しました

  • マーケティング調査等によって顧客ニーズや課題を把握し,専門家による販売促進のための提案を行います。
  • 対象:農産物直売所2か所

 【申込方法】 

 別記様式を記載の上,所管の地方振興事務所又は地域事務所の農業振興部へ提出してください。

 【締切】

 5月16日木曜日

  ※要望多数の場合は内容等を考慮し,調整することがあります。

    詳しくはこちら ⇒ 概要 [PDFファイル/131KB] 別記様式 [Wordファイル/35KB]

施設整備の支援

 市町村振興総合補助金

市町村振興総合補助金表

メニュー

 内容補助率
農産加工ビジネス支援事業

【補助対象】

  • 農業者の組織する団体や農業法人が行う農産物の付加価値の向上等を目的とした加工・販売施設,機械等の整備

【主な要件】

  • 3戸以上の団体等(一戸一法人を含む)
  • 総事業費がおおむね3,000千円から30,000千円
  • 5年後の年間販売金額が総事業費を上回ることが見込まれること
  • 販売施設の延床面積は,加工施設を含めた施設全体延床面積のおおむね3割以下
補助対象事業費の
1/3以内

  ※補助金の活用を希望する前年までに,所在地の市町村との調整が必要です。

 強い農業担い手づくり総合支援交付金[産地基幹施設等支援タイプ]

強い農業担い手づくり総合支援交付金表

メニュー 

内容補助率
農産物処理加工施設(加工施設)

【政策目的】

  • 産地競争力の強化

【補助対象】

  • 農産物の加工施設・機械

【主な要件】

  • 受益農家及び事業参加者が,5戸以上であること
  • 総事業費が50,000千円以上であること
補助対象事業費の
1/2以内

  ※宮城県農政部みやぎ米推進課農産支援班(TEL022-211-2844)が総合相談窓口です。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)