トップページ > 報道発表資料 > 報道発表資料 年別一覧 > 2022年 > 9月 > みやぎINAKAゼミ「丸森町大張沢尻棚田で収穫体験!」の開催について

掲載日:2022年9月22日

ここから本文です。

みやぎINAKAゼミ「丸森町大張沢尻棚田で収穫体験!」の開催について

記者発表資料
令和4年9月22日
農山漁村なりわい課交流推進班
担 当:二階堂,米竹
電 話:022-211-2866

みやぎINAKAゼミ「丸森町大張沢尻棚田で収穫体験!」の開催について

「みやぎINAKAゼミ」とは,県内の大学生を対象にした地域交流サークルです。農山漁村の活性化と関係人口拡大に向けて,農山漁村に興味のある大学生と農村地域等とのネットワークを構築するとともに,大学生にとっても学内ではできない田舎ならではの体験や学びにより,新たな発見や想いの実現,実践力を身に付ける機会を提供することを目的として令和4年3月に県が立ち上げました。

今回は,前々回の田植え体験,前回のヒガンバナの球根植え体験に続き,収穫体験を実施します。

この体験を通じ,地域の方々と交流する大学生の姿と,丸森町の「大張沢尻棚田」の魅力を,是非御取材いただくようお願いいたします。

記者発表資料(PDF:475KB)

 

日 時

令和4年10月1日(土曜日)午前10時30分から午後3時まで

天候等により中止となった場合は,10月2日(日曜日)に延期する予定です。

(9月30日(金曜日)の午後1時頃までに実施の有無を判断します)

 

会 場

丸森町大張川張宗膳「大張沢尻棚田」(無料駐車場有)

 

参加者

県内の大学生 約10名

 

主 催

宮城県農政部農山漁村なりわい課

 

協 力

大張沢尻棚田集落協定

大張まちづくりセンター

丸森町

 

 

※本発表の内容についてはページ上のボックス内の担当課までお問い合わせください。

お問い合わせ先

農山漁村なりわい課交流推進班

宮城県仙台市青葉区本町3丁目8番1号 行政庁舎10階

電話番号:022-211-2866

ファックス番号:022-211-2416

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

こちらのページも読まれています

 

information retrieval

このページに知りたい情報がない場合は