トップぺージ > 教育委員会関連報道発表 > 報道発表(令和4年11月) > 重要文化財(美術工芸品)の指定について

掲載日:2023年8月10日

ここから本文です。

重要文化財(美術工芸品)の指定について

記者発表資料
令和4年11月11日
文化財課保存活用班
担当:滑川
電話:022-211-3683

概要

令和4年11月18日、文部科学省文化審議会は、下記の宮城県内有形文化財(美術工芸品)1件を新たに重要文化財として指定するよう、文部科学大臣に答申する予定です。指定は、答申後に行われる官報告示をもって正式決定となります。

美術工芸品

名称:多賀城跡出土木簡
員数:450点
所有者:宮城県(宮城県多賀城跡調査研究所・東北歴史博物館保管)

宮城県内の重要文化財の指定について

  • 有形文化財(古文書・古碑)の指定は「多賀城跡出土漆紙文書」(宮城県所有・令和4年3月22日指定)以来6件目となります。
  • 今回の指定により、県内の重要文化財の総数は66件となります。

記者発表資料

記者発表資料全文は以下をご参照ください。

記者発表資料(PDF:471KB)

 

※本発表の内容についてはページ上のボックス内の担当課までお問い合わせください。

お問い合わせ先

総務課広報調整班

宮城県仙台市青葉区本町三丁目8-1
宮城県庁 16階

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

こちらのページも読まれています

 

information retrieval

このページに知りたい情報がない場合は