ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

令和元年度 自動車整備科写真

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年10月9日更新

  フォトギャラリー[自動車整備科]

2019年
自動車整備科訓練写真

・4/12 車両取扱(1年生)
・4/18 各種工具の使い方(1年生)
・4/25 タイミングベルト交換(2年生)
・5/8 ハブベアリング交換(2年生)
・5/13 エンジン分解・測定(1年生)
・6/7 マツダセミナー(1年生)
・6/20 トランスミッション分解(1年生)
・7/30 ブレーキ実習(1年生)
・9/6 マイカー無料点検(2年生)
・9/12 ステアリング実習(1年生)
・10/4 定期点検実習(1年生)

 

 

【定期点検実習(1年生)】 令和元年10月4日撮影   

 

自動車整備科の実習内容をご紹介します。
定期点検の実習を行っています。

実習風景実習風景実習風景

自動車を安全に使うためには,定期点検が欠かせません。普通の乗用車は1年ごとの点検が義務づけられており,その内容に沿って点検実習を行っています。

見落としがないよう注意して点検を行い,その結果を「定期点検記録簿」という用紙に記入していきます。

この後,点検結果の説明に関するロールプレイングも実施していきます。

 

  この文字をクリックするとページの先頭に戻ります。

【ステアリング装置整備実習(1年生)】 令和元年9月12日撮影   

 

自動車整備科の実習内容をご紹介します。
1年生はステアリング装置の整備実習を行っています。

実習風景実習風景実習風景

ステアリング装置の構造を学習するため,いったんすべての部品を外します。

ステアリング装置は操作部,ギヤ部,リンク部に大別されますが,一つ一つ部品を確認していきます。

取り付け後は調整作業が必要になりますが,その方法も実習で習得していきます。

 

  この文字をクリックするとページの先頭に戻ります。

【マイカー無料点検(2年生)】 令和元年9月6日撮影   

 

自動車整備科の実習内容をご紹介します。
この日は,宮城県自動車整備振興会が開催する「マイカー無料点検」に,本校の自動車整備科2年生が参加しました。

点検の様子点検の様子点検の様子

このイベントは,宮城県自動車整備振興会が毎年開催しているもので,本校の学生は「クリエみうら 松川店」さまを会場として開催されたマイカー無料点検に補助員として参加しました。

お客様の大切な車に傷を付けないよう,慎重に確実に点検をすると共に,点検結果を丁寧にハッキリと説明することを心掛け,プロの整備士の補助員として合計32台の車両を点検することができました。

当イベントへの参加を快諾していただいた宮城県自動車整備振興会 気仙沼支部さま,無料点検にご協力をいただいたお客さまに改めて感謝申し上げます。

 

  この文字をクリックするとページの先頭に戻ります。

【ブレーキ装置整備実習(1年生)】 令和元年7月30日撮影   

 

自動車整備科の実習内容をご紹介します。
1年生はブレーキ装置の整備実習を行っています。

実習風景実習風景実習風景

ブレーキ装置の整備はミスが許されない大切な仕事です。

ブレーキ部品には定期的に交換する部品が多数あるため,交換手順を一つ一つ確かめながら作業しています。

フロント・ブレーキに使用される「ディスク・ブレーキ」の整備をマスターしたら,リヤ・ブレーキに使用される「ドラム・ブレーキ」の整備に移行する予定です。

 

  この文字をクリックするとページの先頭に戻ります。

【トランスミッション分解(1年生)】 令和元年6月19日撮影   

 

自動車整備科の実習内容をご紹介します。
1年生はトランスミッション分解実習を行っています。

実習風景実習風景実習風景

エンジン後部にあるトランスミッションを取り外す準備をしています。

エンジンを少し傾ける必要があるので,周りの部品にぶつからないよう入念に準備しています。

このあと,取り外したトランスミッションを分解していきます。

 

  この文字をクリックするとページの先頭に戻ります。

 

【マツダセミナー(1年生)】 令和元年6月7日撮影   

 

自動車整備科の実習内容をご紹介します。
この日は,株式会社東北マツダさまのご協力により,「マツダセミナー」を受講しました。

実習風景実習風景実習風景

実際に車両を3台持ち込んでいただき,定期点検作業のデモンストレーションや,技術紹介などを見ることができました。
また,東北マツダさまのスタッフとして本校修了生の西城さんにもお越しいただき,今の仕事のやりがいや今後の目標などを話していただきました。

学生にとっても,将来の仕事のイメージが理解できる内容でした。
東北マツダさま,ありがとうございました。

 

  この文字をクリックするとページの先頭に戻ります。

 

【エンジン分解・測定(1年生)】 令和元年5月13日撮影   

 

自動車整備科の実習内容をご紹介します。
自動車用エンジンを分解して,各部の寸法を測定する実習を行っています。

実習風景実習風景実習風景

一口に分解といっても,ボルトを緩める順番や緩め方などには正しい方法があります。一つ一つ手順を確認しながら作業していきます。

エンジンの部品は,外した部品の管理が重要です。4つ同じ部品があったとしても,取り違えることなく元の場所に組み付ける必要があるため,マーキングをして外すこともあります。外した部品は点検のため各部の寸法を測定します。初めて使う測定器具もあるため,使用方法を覚えながら測定しています。

 

  この文字をクリックするとページの先頭に戻ります。

 

【ハブベアリング交換(2年生)】 令和元年5月9日撮影

 

自動車整備科の実習内容をご紹介します。
今回はハブベアリング交換の実習を行いました。

ナックル取り外しプレスで抜き取り取り外したベアリング

 自動車には,ベアリングと呼ばれる部品が多く用いられています。今回は,ホイールが取り付けられる「ハブ」という部品の回転をスムーズにするために用いられているハブベアリングの交換実習を行いました。

 脱着作業は油圧プレスを使って行います。正しい取り扱いができないと,部品を破損させるだけではなく,とても危険な作業になってしまうので,ひとつひとつの手順を確認しながら慎重に作業をしました。

 

この文字をクリックするとページの先頭に戻ります。

 

【タイミングベルト交換(2年生)】 平成31年4月25日撮影

 

自動車整備科の実習内容をご紹介します。
新2年生は,様々な種類の実習車を使ってタイミングベルトの交換作業を行いました。

タイミングベルト交換(トヨタ)タイミングベルト交換(スバル)タイミングベルト交換(スズキ)

 タイミングベルトは,エンジン内部にあるクランクシャフトとカムシャフトの回転周期を同期させる重要なベルトです。このベルトが万が一走行中に切れてしまうと,エンジンの破損に繋がってしまうものなので,一般的には10万km毎の交換が推奨されています。

 実習では,ベルトを組み付けた後,タイミングにズレはないか,ベルトの張りは適切か,何度も確認をしながら作業を進めました。

 

  この文字をクリックするとページの先頭に戻ります。

 

【各種工具の使い方(1年生)】 平成31年4月18日撮影   

 

自動車整備科の実習内容をご紹介します。
工具の使い方の訓練を行っていますが,その中でも「手仕上げ工具」と呼ばれるものを使って実習しています。

実習風景実習風景実習風景

「金ノコ」と呼ばれる工具を使って直径10mmほどの丸棒を切断しています。腕を動かすのではなく,体全体を移動させて切るのがコツです。

切断した丸棒の端面を「ヤスリ」で削っています。この面を平らに仕上げる課題を出し,自立できるようになったら合格としています。端面を平らに仕上げた丸棒に,「ダイス」と呼ばれる工具を使ってネジを作っていきます。この後,鉄板に穴を開け,同じくネジを作って組み合わせていく予定です。

 

  この文字をクリックするとページの先頭に戻ります。

 

【車両取扱(1年生)】 平成31年4月12日撮影   

 

自動車整備科の実習内容をご紹介します。
この日は入学したばかりの1年生が,車両取扱の実習を行っています。

実習風景実習風景実習風景

ドアの開け方,閉め方や車両乗り降りの注意点などを説明した後,リフトやジャッキを使用して車両を昇降させる実習を行っています。

ジャッキを車両に当てるときのポイントや安全に作業するための注意点など,覚えることがたくさんあります。安全に作業を行うためには「声がけ」が欠かせません。「右,オッケーです!」「ジャッキ降ろします!」などの声が徐々に響くようになってきました。

 

  この文字をクリックするとページの先頭に戻ります。