ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本校の概要

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年4月11日更新

宮城県立気仙沼高等技術専門校の概要

1 設立の目的と概要

本校は,職業能力開発促進法に基づく宮城県立の職業能力開発校で,技能者の育成と在職労働者の技能の向上を図り,地域の経済及び社会の発展に寄与する目的で,昭和37年に公共職業訓練施設として開設され,産業社会において必要な技能技術者の養成を行っています。
新たに就職する方や職業転換をしようとする方に対して,基礎的な技能に関する知識の習得及び技能訓練を実施しています。
なお,これまでの修了生は3,856人(平成31年3月31日現在)で,県内各地域において活躍しています。

2 校訓及び校章

(1)校訓                 

校訓                        

 ・自覚  

  自主独立の精神に徹し,あらゆる困難をも克服できる,立派な人間になるよう心掛ける。

 ・誠実

  実直,明朗で,根性のある優秀な技能者となるよう心掛ける。

 ・勤勉

  責任感が強く,積極的で,つねに想像力をもち,生涯豊かな生活ができるよう努力する。  

                                  


(2)校章及び由来

          校章               

県花で親しまれている宮城の萩の葉(3枚)を配置し,可憐な中にも人格の円慢性を表し,技能にかかせないコンパスで,VOCATIONAL(職業)の頭文字Vを表現,ハンマーでTRAINING(訓練)のTを表現,技術の向上と鍛錬に不可欠なコンパスとハンマーを基に,将来の宮城県を背負う技術者養成校として,飛躍する気仙沼高等技術専門校のイニシャルKが,Tと組み合わされ,横に図案化されているものです。