ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

認知症パンフレット

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年9月10日更新

おらほの地域はあんべいいよ!
「認知症支援パンフレット」を作成しました

気仙沼保健福祉事務所では、国のモデル事業を活用し、認知症の早期発見・対応、認知症になってもその人らしく安心して暮らせる地域づくりに取り組んでいます。

現在、気仙沼・本吉地域で暮らす人の4人に1人は、65歳以上の高齢者となっています。また、介護保険申請をした人の5割以上の方に、認知症の症状が出ています。

認知症は、「年のせい」にして見逃されやすい病気であり、また、認知症の人に対する誤解等から支援を十分に受けられず、なじみの地域で暮らせないことがあります。

そこで、「みんなが安心して暮らせる地域づくり」の第一歩として、認知症を多くの方に正しく理解していただくため、気仙沼認知症地域ケアコーディネート推進会議のメンバーと共に、パンフレットを作成しました。

このパンフレットは、「認知症Q&A」、「認知症ってどんな病気?」、「認知症予防の方法は」、「認知症の人にどう接する?」、「どこに相談できるの?」など盛りだくさんの内容となっています。

なお、このパンフレットは、34,000部作成し、管内全戸と市町等の関係機関に配布しています。

是非、ダウンロードしてご覧ください。 [PDFファイル/10.15MB]

気仙沼地域らしい表紙に仕上げました。

認知症支援パンフレット03気仙沼地域は、海産物が自慢ですが、みんなが安心して暮らせる地域としても自慢できるよう取り組んでいきます。

気仙沼便利帳

便利帳-01 [PDFファイル/10.06MB] 

便利帳-02 [PDFファイル/9.4MB]

認知症気仙沼便利帳 


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)