トップページ > しごと・産業 > 食産業 > 食品のブランド化・販売促進 > 「米国向け玄米食の輸出促進デジタルプロモーション業務」の企画提案募集について

掲載日:2022年1月7日

ここから本文です。

「米国向け玄米食の輸出促進デジタルプロモーション業務」の企画提案募集について

1更新情報

  • 令和3年11月30日 「米国向け玄米食の輸出促進デジタルプロモーション業務」の企画提案募集を公表しました。
  • 令和4年1月7日 選定結果を掲載しました。

2業務の目的

米国西海岸をターゲットとして,宮城県産玄米の知名度向上を図るため,現地の食文化や食習慣を取り入れた玄米の食べ方等によるデジタルプロモーションを実施し販路開拓を図ることを目的とします。

3委託業務名

米国向け玄米食の輸出促進デジタルプロモーション業務

4委託期間

契約締結の日から令和4年3月22日(火曜日)まで

5事業費(委託上限額)

金4,997,300円(うち消費税及び地方消費税の額金454,300円)

6委託業務の内容

  1. プロモーション動画の作成
  2. SNS等を活用したデジタルプロモーションの実施
  3. アンケートや配信データ等の収集・分析
  4. 企画設計・調整

詳細については「業務委託仕様書」を参照して下さい。

7応募資格

以下のすべてに該当する者のみ,企画提案を応募することができます。

  1. 地方自治法施行令(昭和22年政令第16号)第167条の4の規定に該当しない者であること。
  2. 地方税並びに消費税及び地方消費税を滞納していない者であること。
  3. 会社更生法(平成14年法律第154号)に基づく更生手続き開始の申立てがなされていない者(会社更生法に基づく更生計画認可の決定を受けている者を除く。)であること。
  4. 民事再生法(平成11年法律第225号)に基づく再生手続き開始の申立てがなされていない者(民事再生法に基づく再生計画認可の決定を受けている者を除く。)であること。
  5. 政治団体(政治資金規正法(昭和23年法律第194号)第3条に規定するもの)に該当しない者であること。
  6. 宗教団体(宗教法人法(昭和26年法律第126号)第2条の規定によるもの)に該当しない者であること。
  7. 宮城県入札契約暴力団等排除要綱(平成20年11月1日施行)別表各号に規定する措置要件に該当しない者であること。
  8. 委託業務を的確に遂行する能力を有する者であること。

8スケジュール

募集・選定スケジュール

内容

期日
企画提案募集開始 令和3年11月30日(火曜日)
質問受付期限 令和3年12月6日(月曜日)午後5時
企画提案書提出期限 令和3年12月14日(火曜日)午後5時
選定委員会開催 令和3年12月17日(金曜日)予定
選定結果通知 令和3年12月下旬予定
契約締結 令和3年12月下旬予定

9業務委託候補者の選考方法

プロポーザル方式
※詳細については「企画提案募集要領」を参照して下さい。

10業務委託仕様書・企画提案募集要領等

11企画提案募集に関する質問受付及び応募書類提出先

提出場所

宮城県経済商工観光部国際ビジネス推進室国際ビジネス推進第二班(担当:佐藤)

住所:〒980-8570宮城県仙台市青葉区本町三丁目8-1行政庁舎14階南側

提出方法

  1. 質問がある場合は,質問書(様式第1号)を電子メール(s-yushutsu@pref.miyagi.lg.jp)により,令和3年12月6日(月曜日)午後5時までに提出してください。
  2. 企画提案への参加を希望する場合,企画提案参加申込書(様式第2号),企画提案応募条件に係る宣誓書(様式第3号),企画提案書(任意様式),事業経費見積書(様式第5号(任意様式でも可)),業務工程表(様式第6号(任意様式でも可)),定款の写し,直近3年分の財務諸表(貸借対照表,損益計算書の写し)を各必要部数準備し,郵送又は持参により,令和3年12月14日(火曜日)午後5時までに提出願います。

12選定結果

業務委託候補者 TastemadeJapan株式会社

お問い合わせ先

国際ビジネス推進室国際ビジネス推進第二班

宮城県仙台市青葉区本町三丁目8-1
行政庁舎14階南側

電話番号:022-211-2346

ファックス番号:022-268-4639

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

information retrieval

このページに知りたい情報がない場合は