ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす広報課新聞広報「県からのお知らせ」

新聞広報「県からのお知らせ」

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年10月4日更新

原則として毎月第1日曜日に掲載しています。
(掲載紙は、河北新報、朝日、読売、毎日、産経の5紙です。)

以下は最新の新聞「県からのお知らせ」です。(バックナンバーはこちら

緊急小口資金などの特例貸付の受付期間が12月末日まで延長されました

 宮城県社会福祉協議会では、新型コロナウイルス感染症の影響により収入が減少した世帯に対して、緊急小口資金などの特例貸付を実施しています。
●対象/新型コロナウイルスの影響を受け、休業などにより収入の減少があり、一時的な生計維持のために貸し付けを必要とする世帯や、生活が困窮し日常生活の維持が困難となっている世帯
●受付期間/~12月31日(木曜日)
問:お住まいの市町村社会福祉協議会

▲ページのトップへ戻る

 

家たび&ドライブスタンプラリーINくろかわに参加してみませんか?

 黒川地域にて、スマホでできるスタンプラリーを実施しています。対象スポットを周遊したり、ホームページを巡ったりしてスタンプを集めると、抽選でプレゼントが当たります。
●日時/~12月13日(日曜日)
●対象地域/黒川地域(富谷市、大和町、大郷町、大衡村)
●参加方法/スマホで登録すれば、どなたでも参加できます。登録方法など詳しくはホームページをご覧ください。
問:仙台地方振興事務所
TEL022(275)9140  https://agent.jafnavi.jp/campaign/detail/354

▲ページのトップへ戻る

 

登米市内飲食店で食べよう「ササニシキ&りんご」フェア開催

【登米産ササニシキごはんの日】
●内容/参加店舗(登米市内18店舗)による新米「ササニシキ」のご飯、おにぎり、お寿司などの提供
●期間/11月29日(日曜日)までの土日祝日
【登米産りんご使っています】
●内容/参加店舗(登米市内12店舗)による完熟りんごの菓子、料理などの提供
●期間/~12月31日(木曜日)
詳しくはホームページをご覧ください。
問:東部地方振興事務所登米地域事務所
TEL0220(22)6123  https://www.pref.miyagi.jp/soshiki/et-tmsgsin-e/

▲ページのトップへ戻る

 

民生委員・児童委員にご相談ください

 民生委員・児童委員は、地域で高齢者や障害のある方の見守り、子どもたちへの声掛けなどを行っています。
 また、介護の悩み、子育ての不安、経済的困窮による生活上の心配ごとなど、さまざまな相談に応じ、必要な支援が受けられるよう、地域の専門機関とのつなぎ役になります。秘密は守られますので、安心してご相談ください。
 お住まいの地域の民生委員・児童委員については、各市区町村福祉担当課にお問い合わせください。
【民生委員について】
問:社会福祉課 TEL022(211)2519
【児童委員について】
問:子育て社会推進室 TEL022(211)2528

▲ページのトップへ戻る

 

女性のための面接相談

 DVや離婚、セクハラ、子育てなど、人間関係で悩む女性のための面接相談を実施します。
●日時/10月21日(水曜日)午前10時30分~午後4時
●場所/登米合同庁舎
●費用/無料
●申し込み/前日までに下記へ
問:東部保健福祉事務所登米地域事務所
TEL0220(22)6118

▲ページのトップへ戻る

 

都市計画変更の説明会

●内容/仙塩広域都市計画区域区分の変更について
●日時・場所/
・10月8日(木曜日)午後7時~
名取市民体育館第1会議室
・10月9日(金曜日)午後7時~
富谷市役所3階303会議室
問:都市計画課 TEL022(211)3134

▲ページのトップへ戻る

 

こころのケア講座

 DVやいじめ、セクハラ、パワハラ、子どもの頃の虐待など人間関係で傷ついた女性の心の回復を支援する「こころのケア講座」を開催します(匿名での参加可)。
●日時/10月21日(水曜日)午後1時30分~4時
●場所/県石巻合同庁舎
●費用/無料
●申し込み/前日(託児を希望される場合は開催日の6日前)までに下記へ
問:東部保健福祉事務所
TEL0225(95)1431

▲ページのトップへ戻る

 

復興大学県民講座受講生募集

 復興の現在と未来について一緒に学び考えるオンライン講座です(参加無料)。
●開催日/10月10日(土曜日)、17日(土曜日)、31日(土曜日)
●会場/ウェブ会議システム「Zoom」によるオンライン開催
●申し込み/ファクシミリ、Eメールまたはホームページから下記センターへ
問:東北工業大学地域連携センター
(復興大学事務局)
TEL022(305)3818 FAX022(305)3808 http://www.fukkou-daigaku.gakuto-sendai.jp/
Eメールfukkoudaigaku@tohtech.ac.jp
問:私学・公益法人課 TEL022(211)2295

▲ページのトップへ戻る

 

宮城県国土利用計画(第六次・中間案)への意見募集

●資料公表場所/地域復興支援課、県政情報センター、各地方振興事務所(地域事務所)(仙台を除く)県政情報コーナー、ホームページ
●募集期間/10月7日(水曜日)から11月6日(金曜日)までに郵送(消印有効)、ファクシミリ、Eメールにより住所、氏名、電話番号を記入して下記へ
問:地域復興支援課
〒980-8570(所在地記載不要)
TEL022(211)2441(電話による意見提出はできません) FAX022(211)2442
https://www.pref.miyagi.jp/soshiki/tisin/
Eメール tisint@pref.miyagi.lg.jp

▲ページのトップへ戻る

 

「だて正夢」の新米販売開始

 宮城県が誇るブランド米「だて正夢」の新米がいよいよ10月中旬から全国一斉に販売開始となります。
 また、11月1日(日曜日)から30日(月曜日)まで、県内外の「だて正夢」を提供している飲食店において、その場で「だて正夢」が当たるキャンペーンを実施します。店舗情報など詳しくはホームページをご覧ください。
 今年の新米も、とびきりの甘みともちもち感のあるお米に仕上がっています。ぜひ、「これぞ天下をとる旨さ」を味わってみてください。
問:みやぎ米推進課 TEL022(211)2841  https://oishii-miyagimai.jp

▲ページのトップへ戻る

 

小・中学生保護者への就学援助制度

 経済的理由により就学が困難な小・中学生の保護者の方は、学校教育法の規定に基づき就学援助(学用品費・給食費など)を受けることができます。
 また、被災(東日本大震災・東日本台風)により就学困難となった児童生徒の保護者を対象とした就学支援制度も実施しています。
 申請方法など詳しくは、お住まいの市町村教育委員会にお問い合わせください。
問:各市町村教育委員会
問:県義務教育課 TEL022(211)3642

▲ページのトップへ戻る

 

駐車監視員資格者講習

●内容/放置車両の確認業務などの技能・知識に関する講習および修了考査
●定員・受講手数料/20人(先着順)・2万円
●講習日/12月1日(火曜日)、2日(水曜日)
(修了考査12月9日(水曜日))
●場所/ハーネル仙台(仙台市青葉区)
●申し込み/県内各警察署交通課窓口または下記で配布する申込書を、10月30日(金曜日)(消印有効)までに持参または郵送により下記へ
 詳しくはホームページをご覧ください。
問:警察本部交通指導課
TEL022(221)7171  https://www.police.pref.miyagi.jp/hp/sido/koushuukai/1chusha-koshu-kai.htm
〒980-8410(所在地記載不要)

▲ページのトップへ戻る

 

第3回建設産業振興支援講座の受講者募集

●内容/講演「土木分野におけるBIM/CIMの最新動向と3次元モデル」
●日時/10月28日(水曜日)午後1時30分~4時30分
●場所/県庁2階第二入札室
●定員・費用/50人(先着順)・無料
●申し込み/10月23日(金曜日)までに、申込書を郵送(必着)、ファクシミリまたはEメールにより下記センターへ
●申込先/みやぎ建設総合センター
〒980-0824 仙台市青葉区支倉町2-48
TEL022(266)3355 FAX022(266)3303  https://www.pref.miyagi.jp/soshiki/jigyokanri/
Eメール info@miyaken.center.or.jp
問:事業管理課 TEL022(211)3116

▲ページのトップへ戻る

 

みやぎの3R推進キャンペーン

10月は3R推進期間です

 県は、循環型社会形成推進計画(第2期)に基づき、県民の皆さんに3Rを実践していただくための取り組みを実施しています。
へらす【リデュース】ごみを減らそう
つかう【リユース】ものを最後まで大切に繰り返し使おう
もどす【リサイクル】ごみを分別して資源に戻そう
●ラジオCM
3R推進月間にエフエム仙台、東北放送で放送中
※ホームページでも聴くことができます。
●3Rに関するパネル展示
10月5日(月曜日)から9日(金曜日)まで(県庁1階ロビー)
10月27日(火曜日)から11月12日(木曜日)まで(県図書館)

お買い物にはマイバックを持参しましょう

 7月1日から全国一律でレジ袋有料化が開始されました。何気なくもらっていたレジ袋を有料化することで、それが本当に必要かどうか考えてもらい、私たちのライフスタイルを見直すきっかけとすることを目的としています。お買い物の際はマイバックをご利用ください。
10月は食品ロス削減推進月間にもなっています
10月30日はみやぎ県民食べきりの日!
●お買い物のとき
 お買い物の前に冷蔵庫の中の在庫を確認するなどし、食べきれないほどの食材を買いすぎないようにしましょう。すぐに食べる商品は、賞味期限や消費期限の長い商品を選択せず、陳列順に購入しましょう。
●調理のとき
 調理のときは、食べられる分だけ作るようにしましょう。食材が余ったときは、使い切りレシピを検索してみましょう。
●食べきれないとき
 買いすぎて食べきれない場合や、贈答品が余ってしまう場合には、フードバンクなどへの寄付やお裾分けを検討しましょう。
問:循環型社会推進課 TEL022(211)2649 Eメール junkanr@pref.miyagi.lg.jp

▲ページのトップへ戻る