ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす広報課県からのお知らせ(平成30年2月4日新聞掲載)

県からのお知らせ(平成30年2月4日新聞掲載)

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年2月4日更新

県石巻合同庁舎が移転します

石巻合同庁舎および東部土木事務所は、石巻市東中里で業務を行っていますが、新石巻合同庁舎の完成に伴い2月下旬より順次移転を進めます。新庁舎での業務開始日は、事務所によって異なります。移転完了までご不便をお掛けしますが、ご理解をお願いいたします。
●移転先/石巻市蛇田字新沼田12番地4街区1画地
●入居機関・業務開始日/(1)東部県税事務所、東部保健福祉事務所、東部教育事務所・2月26日(月曜日)、(2)東部地方振興事務所・3月5日(月曜日)、(3)東部児童相談所、東部土木事務所・3月12日(月曜日)
問:県管財課 TEL:022(211)2354
問:県石巻合同庁舎 TEL:0225(95)1411(代表)

▲ページのトップへ戻る

 

被災者の住宅再建に向けた民間賃貸住宅の貸主への奨励金

被災した支援対象者の住宅再建を図るため、再建先住宅の貸主に奨励金を支給します。
●支給対象/支援対象者(応急仮設住宅の供与を受けた高齢者や障害者、母子父子世帯の世帯員である父または母および児童)を含む世帯が入居するため、賃貸借契約などを締結した県内の民間賃貸住宅の貸主
●奨励金の額/月額賃料の1カ月分(上限金額8万9千円)
●届出期限/賃貸借契約等締結日の翌日から3カ月以内
※詳しくはお問い合わせください。
問:県震災援護室 TEL:022(211)3435
http://www.pref.miyagi.jp/site/ej-earthquake/minchinteikyo-syoureikinn.html

▲ページのトップへ戻る

 

県有財産の売り払い(一般競争入札)

●入札物件/(1)亘理町字舘南85-1・宅地345.08平方メートル、(2)仙台市若林区白萩町48-1・宅地64.08平方メートル、(3)仙台市宮城野区白鳥1丁目388-6、389-6、390-2、391-1・雑種地1455.49平方メートル、(4)涌谷町小里字鹿の子10-6・宅地238.05平方メートル
●申込期間/2月28日(水曜日)まで
●入札期日/3月14日(水曜日)、15日(木曜日)
●入札会場/県庁内会議室
問:県管財課 TEL:022(211)2353
http://www.pref.miyagi.jp/site/zairi/

▲ページのトップへ戻る

 

みやぎグリーン購入セミナー

「持続可能な地域づくりとグリーン購入」をテーマに環境に配慮し、持続可能な地域づくりを実践する企業から、取り組みのヒントを学びます。
●対象・定員/事業者、一般県民・60人
●日時・場所/2月15日(木曜日)午後3時~5時・カメイ五橋ビル(仙台市青葉区)
●費用・申し込み/無料・2月13日(火曜日)までに、申込書に必要事項を記入し、メールもしくはファクシミリにより下記へ
●申込書/ホームページからダウンロード
問:県環境政策課
TEL:022(211)2663 FAX:022(211)2669
Eメール kankyop@pref.miyagi.lg.jp
http://www.pref.miyagi.jp/soshiki/kankyo-s/greenseminar.html

▲ページのトップへ戻る

 

脳脊髄液減少症の研修会

脳脊髄液減少症は、交通事故やスポーツ外傷などで衝撃により脳脊髄液が漏れ出し、頭蓋骨内の髄液が減少して激しい頭痛や目まい、吐き気などの症状が出る病気です。
病気への理解を深めるため、専門医師や患者会による講演会を開催します。
●日時・場所/2月22日(木曜日)午前10時~正午(受付開始 午前9時30分)・県庁2階講堂
●講師/仙台医療センター 鈴木 晋介氏・脳脊髄液減少症患者・家族支援協会 中井 宏氏
●定員/200人(先着順)
●費用・申し込み/無料・2月16日(金曜日)までに下記へ
問:県疾病・感染症対策室 TEL:022(211)2636

▲ページのトップへ戻る

 

みやぎフラワーフェスティバル

皆さんに県産の花や緑をより身近に感じていただくため、みやぎフラワーフェスティバル2018『ハッピーブルーム』を開催します。
●内容/写真家・みやぎ絆大使・平間 至さんのトークショー、園芸家・杉井 志織さんのガーデニング講座、花いけバトル、服師×花師コラボショー、フラワーアレンジメント・寄せ植え体験教室、花に関する展示、抽選会など
●日時・場所/2月10日(土曜日)午前11時~午後4時・アエル5階多目的ホール
問:県農産園芸環境課 TEL:022(211)2843

▲ページのトップへ戻る

 

 

日本遺産紹介パネル展

 

日本遺産「政宗が育んだ“伊達”な文化」のパネル展示を開催します。
伊達政宗公が、古代以来東北に根づいてきた文化の再興・再生を目指す中で、これまでにない“伊達”な文化を宮城の地に華開かせ、それが時代や地域を超えて広がっていったことを紹介します。
●日時/3月13日(火曜日)~23日(金曜日)
●場所/県庁1階ロビー東側壁面
問:県文化財保護課 TEL:022(211)3683

▲ページのトップへ戻る

 

 

チャレンジHACCP(ハサップ)研修会

 

安全な食品を作るための衛生管理方法HACCP導入への取り組み方法について、事例を交えて説明する研修会を開催します。
●日時・場所/2月15日(木曜日)午後1時~3時15分・県大崎合同庁舎1階大会議室
●対象・定員/HACCPに関心のある食品事業者・70社(1社2人まで、先着順)
●費用・申し込み/無料・2月8日(木曜日)までにホームページから申込書をダウンロードしファクシミリにより下記へ
問:県食と暮らしの安全推進課
TEL:022(211)2644 FAX:022(211)2698
http://www.pref.miyagi.jp/site/haccp/haccpseminar3.html

▲ページのトップへ戻る

 

 

労働問題の解決をお手伝いします

 

県は、不当な解雇やブラックバイト、パワハラなどの労働トラブルについて、労働者と会社の間で自主的な解決が困難な場合に、双方の歩み寄りを目指す「個別労使紛争のあっせん」を行っています。労働問題に精通した弁護士などのあっせん員が労使双方の主張を聴き取り、解決に向けた当事者同士の話し合いをお手伝いします。相談の内容により他の適切な機関などの情報提供もしています。まずは、ご相談ください。
●費用・申し込み/無料・電話にて下記へ
※相談内容などの秘密は厳守されます。
問:県労働委員会事務局
TEL:022(211)3787
http://www.pref.miyagi.jp/soshiki/tiroui/kobetu-assen-1.html

▲ページのトップへ戻る

 

 

聴覚障害者の社会生活教室「終活セミナー」

 

聴覚障害者を対象にした、社会生活上必要な知識を学ぶ講座です。亡くなってからお葬式までの流れはどうなっているのか、エンディングノートはあったほうがいいのかなどの疑問を解決しませんか。手話通訳と要約筆記(文字通訳)付きで聞こえにくくても安心です。
●日時・場所/2月10日(土曜日)午後1時30分~3時30分・宮城県聴覚障害者情報センター
問:宮城県聴覚障害者情報センター
(みみサポみやぎ) TEL・FAX:022(393)5503
問:県障害福祉課 TEL:022(211)2541
http://www.mimisuppo-miyagi.org/

▲ページのトップへ戻る

 

 

子どものインターネット安全利用

 

県警察は、子どもたちがインターネットに絡むさまざまな犯罪被害に遭わないよう、安全利用の合言葉「じょいふる」を作り、呼び掛けています。
●合言葉/じ「自画撮りしない送らない」、よ「夜はケータイ使わない」、い「いじわる言わない書き込まない」、ふ「フィルタリングで自分を守ろう」、る「ルールを親子で話し合おう」
子どもたちが安全に楽しくインターネットを利用できるよう「じょいふる」を守りましょう。
問:県警本部少年課 TEL:022(221)7171

▲ページのトップへ戻る

 

 

県議会2月定例会開会

 

2月15日(木曜日)午後1時から、2月定例会の本会議が開会される予定です。本会議や委員会は傍聴することができます。本会議の様子はインターネットでもご覧いただけます。
【ラウンジコンサート(開会初日)】
●日時/2月15日(木曜日)午後0時15分~45分
●出演/柏崎祐子(声楽(ピアノ弾き語り))
●曲目/「Time to say goodbye」ほか
問:県議会事務局総務課 TEL:022(211)3571
http://www.pref.miyagi.jp/site/kengikai/

▲ページのトップへ戻る

 

 

宮城がうまい!Vol.5〜トマト〜

 

機能性成分リコピンに注目 健康野菜の代名詞「トマト」

県内では、石巻市、栗原市、松島町など、各地でトマトが栽培されています。近年は、1ヘクタールを超える大規模施設により越冬型の長期栽培も行われ、1年中、県産トマトを購入できます。
トマトの真っ赤な色は「リコピン」と呼ばれる色素。血中HDL(善玉)コレステロールを増やす効果などで注目されています。リコピンは、油に溶けやすいためオリーブオイルやチーズなどと一緒に食べると効率よく摂取できます。

おいしさ新発見 トマトのアレンジレシピ

カゴメ株式会社 東北支店営業推進課 フードプランナー・管理栄養士 安東 芳理 さん

トマトは、サラダなど生食だけでなく、熱を加えてもおいしい野菜です。
宮城の新鮮な魚介類と合わせるなら、「トマトパッツァ」がお薦め。アクアパッツァは水で魚介類を蒸し焼きにしますが、トマトパッツァはトマトソースを使うのがポイントです。
作り方は、フライパンにトマトソースを敷いて、その上にサケやタラ、ヒラメ、カレイなどの切り身やアサリなどの貝類、お好みの野菜と生のトマトを加え、ふたをして10分ほど蒸し焼きにするだけと簡単。トマトのグルタミン酸と魚介類のイノシン酸がうま味のハーモニーを奏でます。トマトは魚の臭みを消してくれるので、苦手な方も、ぜひお試しください。
ミニトマトを湯煎したチョコレートにつけて室温で固めれば「トマト・オ・ショコラ」の出来上がり。見た目もかわいく、酸味と甘味のバランスが絶妙です。
トマトを使ったアレンジレシピで、おいしく健やかな毎日をお楽しみください。

問:県食産業振興課 TEL:022(211)2813
食材王国みやぎホームページ http://www.foodkingdom-miyagi.jp/

▲ページのトップへ戻る