ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす広報課県からのお知らせ(平成30年1月7日新聞掲載)

県からのお知らせ(平成30年1月7日新聞掲載)

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年1月7日更新

女性医師による女性の健康相談

多彩な講師陣による「復興の現状と今後」を考えるきっかけとなる講座を開催します。
県内の各地域で、女性の健康増進や禁煙、思春期や更年期に伴う不調、家庭や職場でのストレスなどの悩みに、女性医師が応じる面接相談を行っています(無料・完全予約制)。日程・会場など詳しくはホームページをご覧ください(仙台市にお住まいの方、通勤・通学している方は仙台市会場(エルソーラ仙台)でも相談を受けられます)。
【1月の相談日】
●日程・場所/1月13日(土曜日)・塩竈市市民交流センター
●予約先/090(5840)1993(平日・午前9時~午後5時)予約は上記携帯電話のみで受け付けます。
問:県健康推進課 TEL:022(211)2623
https://www.pref.miyagi.jp/soshiki/kensui/8-33.html

▲ページのトップへ戻る


宮城県男女共同参画審議会委員の公募

男女共同参画の推進について調査や審議を行う審議会の委員を公募しています。
●対象/県内に居住する満20歳以上の方(県の職員、県の他審議会などの委員、これまでに本審議会の委員に就任したことがある方は不可)
●応募方法/1月19日(金曜日)までに、所定の応募用紙に必要事項を記入の上、作文「男女共同参画の推進に関する考えについて」(1200字以内)を添えて下記へ
●応募用紙/下記で配布、またはホームページからダウンロード
問:〒980-8570(住所記載不要)
県共同参画社会推進課 TEL:022(211)2568
http://www.pref.miyagi.jp/site/kyousha/jyorei-shingikai001.html

▲ページのトップへ戻る


環境産業コーディネーターを募集します

●業務内容/県内企業などの廃棄物の3R推進、省エネルギー・再生可能エネルギーの導入促進支援
●対象・採用予定人員/民間企業などで通算5年以上、廃棄物管理やエネルギー管理の実務経験がある方・若干名
●勤務先/県庁(企業訪問などの外勤あり)
●勤務日/週4日(平日)午前8時30分~午後4時45分
●選考方法/書類、レポート、面接
●募集期限/1月26日(金曜日)(必着)まで
●任期/4月1日~平成31年3月31日(勤務成績などにより最長2年間、任期の延長があります)
問:〒980-8570(住所記載不要)
県環境政策課 TEL:022(211)2664
http://www.pref.miyagi.jp/soshiki/kankyo-s

▲ページのトップへ戻る


宮城米キャンペーンキャラクター募集

●応募資格・人数/県内在住の満18歳以上(平成30年4月1日現在・男女問わず)で、4月1日~平成31年3月31日までの1年間、全国各地でのPR活動に参加できる方(平日・休日を問わず、70日程度)・3人程度
●申し込み/1月16日(火曜日)までに、申込用紙に履歴書と写真(上半身・全身)を添付して、郵送(必着)または持参により下記へ
●申込用紙/県の各地方振興事務所で配布またはホームページからダウンロード
●入賞者副賞/宮城米・賞金など
問:〒980-8570(住所記載不要)
宮城米マーケティング推進機構(県食産業振興課内) TEL:022(211)2815
http://www.foodkingdom-miyagi.jp/miyagimai

▲ページのトップへ戻る


みやぎ介護人材を育む取組宣言認証制度

介護職員の育成や、働きやすい環境づくりに取り組む介護事業所が宣言を行い、県と関係団体による「宮城県介護人材確保協議会」が認証する制度を実施しています。
 宣言・認証事業所はホームページで公表しています。介護業界で働きたい方の事業所選びなどの参考にご活用ください。
問:みやぎ介護人材を育む取組宣言認証制度事務局
TEL:022(343)8538
問:県長寿社会政策課 TEL:022(211)2536
https://www.miyagi-kaigojinzai.jp/

▲ページのトップへ戻る


測量士・測量士補国家試験

●試験日/5月20日(日曜日)
●出願/1月29日(月曜日)までに郵送(消印有効、後納郵便または別納郵便の場合は必着)または持参により国土地理院総務部総務課へ
●願書/下記および県の各土木事務所で配布
問:〒305-0811 茨城県つくば市北郷1番
国土地理院総務部総務課 TEL:029(864)8214
問:県用地課 TEL:022(211)3122
http://www.gsi.go.jp/LAW/30shiken.html

▲ページのトップへ戻る


山仕事ガイダンス

森林・林業の基礎講座、チェーンソー操作体験、就業相談など、自然の中で働く「林業」の就業体験会を実施します。
●対象・定員/林業への就職に関心のある方・30人(先着順)
●日時・場所/2月9日(金曜日)午前10時から・青少年の森 森林学習館(利府町)
●費用・申し込み/無料(昼食各自持参)・2月2日(金曜日)までに、申込書を郵送またはファクシミリなどにより下記へ
●申込書/ホームページからダウンロード
問:〒980-8570(住所記載不要)県林業振興課
TEL:022(211)2913 FAX:022(211)2919
http://www.pref.miyagi.jp/soshiki/ringyo-sk/

▲ページのトップへ戻る


「MMWIN」にご加入ください

「MMWIN(エムエムウィン)みんなのみやぎネット」は、良質な医療・介護サービスを提供するための情報ネットワークです。
どなたでも無料で加入でき、加入者の診療や介護福祉などの電子化した情報は、医療機関や薬局・介護施設などの参加施設間で共有されるため、一貫した診療や介護が受けられます。加入方法など詳しくは下記事務局へお問い合わせいただくか、ホームページをご覧ください。
問:一般社団法人みやぎ医療福祉情報ネットワーク協議会事務局 TEL:022(395)6312
問:県医療人材対策室 TEL:022(211)2686
http://mmwin.or.jp/

▲ページのトップへ戻る


仙台空港国際線利用促進キャンペーン

より多くの方に仙台空港をご利用いただくため、キャンペーンを実施しています。
●対象/満2歳以上30歳未満で、新規にパスポートを取得し、平成29年12月~平成30年2月に仙台空港出発の対象旅行商品を購入した方
●助成額/最大1万円のパスポート取得費用
※ホームページをご覧ください。
問:県空港臨空地域課 TEL:022(211)3228
http://www.jata-net.or.jp/shibu/tohoku/sendai_airport-cp/

▲ページのトップへ戻る


伊達な学校給食フェア

県は、宮城県の豊富な食材や栄養バランスのとれた食事について学習できる献立を表彰する「伊達な献立コンクール」を行いました。
下記の期間、県庁2階カフェテリアけやきで入賞した献立を日替わりで1日60食限定、1食600円で提供します。また、県庁2階回廊にコンクール入賞団体のパネルと食育推進啓発ポスター入賞作品を展示します。
●期間/1月24日(水曜日)~2月2日(金曜日)(展示は1月26日(金曜日)から)
問:県スポーツ健康課 TEL:022(211)3666

▲ページのトップへ戻る


県立学校の入学金などの免除期間延長

東日本大震災により被災された方の県立学校の入学金、寄宿舎料および入学者選抜手数料の免除期間を延長します。
●対象/東日本大震災により住居が半壊以上の被害を受けた方など
●必要書類/り災証明書などを添付した免除申請書※詳しくは各県立学校にお問合わせいただくか、ホームページをご覧ください。
問:県高校教育課 TEL:022(211)3711
http://www.pref.miyagi.jp/soshiki/koukyou/

▲ページのトップへ戻る


架空請求詐欺にご注意ください

県内では、幅広い年齢層をターゲットにした架空請求詐欺が増加しています。
被害の多い手口は、メールで「有料動画閲覧料金未納」と送られてきたり、サイト閲覧中に「登録完了」など表示されたりするものです。
慌てて表示された番号に電話をすると「料金を支払わないと裁判になる」などと脅され、犯人から「電子マネー(プリペードカード)を購入し、カード番号を教えるように」と指示されることが多いため、この場合は詐欺を疑ってください。
一人で悩まず必ず家族や警察に相談を!
問:県警察本部生活安全企画課
TEL:022(221)7171(代表)

▲ページのトップへ戻る


宮城がうまい!Vol.4〜日本酒〜

杜氏の技術が生み出す蔵元の味わい

宮城県産業技術総合センター食品バイオ技術部 橋本 建哉 総括研究員

米どころ宮城は酒どころでもあります。県内には数多くの蔵元があり、それぞれに個性のある味わい深い日本酒を醸造しています。
酒造りに欠かせないのが酵母。県内の各蔵元では、県が開発した酵母が使用されています。酵母はアルコールを作ると同時に酸味や香りのもととなり、こうじは甘さやうま味を生み出します。
蔵元ごとに独自の味わいを作り出せるのは、酵母やこうじの使い方、発酵期間などを調整しているため。条件を微妙に変えて蔵元自慢のお酒に仕上げるのが杜氏の技術です。

日本酒と料理のマリアージュ
宮城の食材と相性抜群の「宮城の地酒」

吟醸酒などフルーティな香りのするお酒で試していただきたいのがロック。香りが膨らみおいしさが際立ちます。
キリッと辛口のお酒はソーダ割りがお薦め。冷やしたお酒をソーダで割ると搾りたてのような味わいが楽しめます。
悪酔いを防ぐためにも、飲み過ぎと空腹にはご注意を。特に、空腹の時にお酒を飲むと血中のアルコール濃度が急速に上昇します。まず、何かを食べてからお酒を楽しみましょう。
実は、この「食べながら飲む」ことこそ日本酒の醍醐味。蔵元に近い地域の食材を選ぶと相性抜群です。海に近い蔵元では魚介類に合うお酒が多く、内陸の蔵元のお酒は、野菜の煮浸しや肉類と相性が良いです。宮城の食材と地酒のマリアージュは最高ですよ。
日本酒ファンはもちろん、本年に成人を迎え、初めてお酒を飲むという方も、宮城の地酒をじっくりと味わってみてください。

問:県食産業振興課 TEL:022(211)2813
食材王国みやぎホームページ http://www.foodkingdom-miyagi.jp/

▲ページのトップへ戻る