ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす広報課県からのお知らせ(平成29年11月5日新聞掲載)

県からのお知らせ(平成29年11月5日新聞掲載)

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年11月5日更新

宮城県任期付職員採用試験

●職種・採用予定人員/一般事務・80人程度
●給料(地域手当を含む)/19万6669円(仙台市内勤務の場合の例)
●申込受付期間/11月17日(金曜日)(消印有効)まで
●第1次試験日/12月10日(日曜日)
●受験申込書/県庁1階総合案内などで配布
●任期(予定)/平成30年4月1日~平成32年3月31日
問:〒980-8570 仙台市青葉区本町3-8-1
県人事委員会事務局総務課 TEL:022(211)3761
http://www.pref.miyagi.jp/site/saiyou/

▲ページのトップへ戻る

 

公共事業再評価に関する意見募集

県が事業実施主体である公共事業の妥当性について、資料を公表し、県民の皆さんのご意見を募集しています。
●対象事業/地域高規格道路宮城県北高速幹線道路主要地方道築館登米線4期(築館工区)道路改良事業
●資料公表場所/県政情報センター、各地方振興事務所(仙台を除く)県政情報コーナー、県議会図書室、下記ホームページ
●提出方法/11月30日(木曜日)までに、郵送(消印有効)、ファクス、Eメールのいずれかで下記へ
問:〒980-8570(住所記載不要) 県震災復興政策課
TEL:022(211)2406 FAX:022(211)2493
Eメール: seisakuiken@pref.miyagi.lg.jp
http://www.pref.miyagi.jp/site/hyoka/29ko-ikenboshu.html

▲ページのトップへ戻る

 

重大な消防法令違反の建物を公表する制度が開始されます

建物の危険性に関する情報を入手し、利用者が判断できるように、違反情報を各消防本部がホームページで公表します。
●公表開始日/平成30年4月1日から(仙台市と石巻地区では実施済み)
●公表対象/映画館、飲食店、百貨店、旅館、病院、社会福祉施設など不特定多数の人が利用する建物
●公表内容/消防法で設置が義務付けられている屋内消火栓、スプリンクラー、自動火災報知、いずれかの設備が未設置の建物
問:県消防課 TEL:022(211)2374
http://www.pref.miyagi.jp/soshiki/syoubou/

▲ページのトップへ戻る

 

水素で走る燃料電池自動車(FCV)体験試乗会

●日時・場所/(1)大河原会場:11月11日(土曜日)午後1時~4時30分・県大河原合同庁舎、(2)名取会場:11月26日(日曜日)午前11時~午後4時・まなウェルみやぎ(名取市)
●費用・申し込み/無料・(1)11月8日(水曜日)午後5時まで、(2)11月22日(水曜日)午後5時までに下記ホームページから
問:県再生可能エネルギー室 TEL:022(211)2683
http://www.pref.miyagi.jp/soshiki/saisei/fcv.html

▲ページのトップへ戻る

 

訪問看護入門セミナー

在宅療養への注目が高まる中、訪問看護師の役割が期待されています。訪問看護の概要が分かるセミナーを開催します。
●対象/看護師資格を有する方30人程度
●日時・場所/(1)講義11月20日(月曜日)午前10時~午後4時・宮城県看護協会訪問看護総合センター、(2)実習11月21日(火曜日)午前8時30分~午後4時・宮城県看護協会訪問看護ステーション(8カ所)
●費用・申し込み/無料・11月15日(水曜日)までに下記センターへ
問:宮城県看護協会訪問看護総合センター TEL:022(347)3341
問:県医療人材対策室 TEL:022(211)2615

▲ページのトップへ戻る

 

拉致問題啓発舞台劇公演「めぐみへの誓い-奪還-」

●日時/12月21日(木曜日)午後2時~4時30分(開場:午後1時30分)
●場所/多賀城市民会館大ホール
●費用・定員/無料・700人(先着順)
●申し込み/12月13日(水曜日)までに、来場者氏名・電話番号・ファクス番号を明記し、往復はがき(消印有効)、ファクス、Eメールにて下記へ
※車いすをご利用の方、手話通訳などが必要な方はその旨を明記
問:〒980-8570(住所記載不要)県国際企画課
TEL:022(211)2972 FAX:022(268)4639
Eメール:butaigeki1221@pref.miyagi.lg.jp

▲ページのトップへ戻る

 

 

宮城県最低賃金の改正

 

 

宮城県最低賃金は県内の事業場で働くすべての労働者(臨時、パート、アルバイトなどを含む)に適用されます。特定(産業別)最低賃金については、下記へお問い合わせください。
●宮城県最低賃金/772円(時間額)
●改正発効日/平成29年10月1日
問:宮城労働局賃金室 TEL:022(299)8841
問:県雇用対策課 TEL:022(211)2771

▲ページのトップへ戻る

 

 

志教育フォーラム2017~志が未来をひらく~

 

 

県が推進する「志教育」を広くお知らせし、「志」を持つことの大切さについて考えるフォーラムを開催します。
●内容/女優 杜けあき氏(元宝塚雪組トップスター、みやぎ絆大使)の講演、「志教育推進事業」推進地区の児童生徒代表による実践事例発表およびディスカッション
●対象/一般県民250人(先着順)
●日時・場所/11月19日(日曜日)午後1時30分~4時・県庁講堂
●申込方法/下記へお問い合わせいただくか、ホームページをご覧ください。
問:宮県義務教育課 TEL:022(211)3643
https://www.pref.miyagi.jp/soshiki/gikyou

▲ページのトップへ戻る

 

 

犯罪被害者週間・県民のつどい公開講演会開催

 

 

11月25日から12月1日の犯罪被害者週間に伴い、犯罪などによる被害について考える公開講演会を開催します。
●内容/さとう宗幸氏のミニコンサート、殺人事件被害者遺族の荻野美奈子氏による講演など
●日時・場所/11月10日(金曜日)午後1時~4時30分・江陽グランドホテル(仙台市青葉区)5階「鳳凰の間」
●費用・申し込み/無料・11月8日(水曜日)までに、はがき(消印有効)またはファクスで下記センターへ
問:みやぎ被害者支援センター TEL:022(301)7840
問:県共同参画社会推進課 TEL:022(211)2567
問:県警察本部警務課 TEL:022(221)7171(代表)

▲ページのトップへ戻る

 

 

宮城県6次産業化サポートセンター

 

 

6次産業化に取り組む県内の農林漁業者などの支援のため、サポートセンターを開設しています。無料で専門家の6次産業化プランナーを派遣しますので、お気軽にご相談ください。
●支援内容/6次産業化に関する事業計画策定、新商品開発、販路開拓、資金調達、法人設立など
●相談受付時間/午前9時~午後5時(土日・祝日・年末年始を除く)
●相談機関/宮城県6次産業化サポートセンター TEL:022(796)1139
問:県農林水産政策室 TEL:022(211)2242

▲ページのトップへ戻る

 

 

県議会11月定例会開会

 

 

11月24日(金曜日)午後1時から、11月定例会の本会議が開会される予定です。本会議や委員会は傍聴することができます。また、本会議の様子はインターネットでもご覧いただけます。 【ラウンジコンサート(開会初日)】
●日時・場所/11月24日(金曜日)午後0時15分~45分・県議会庁舎1階ラウンジ
●出演/髙橋泉と縄文Jazzオーケストラ(石琴・縄文太鼓・シンセサイザー・ピアノ演奏ほか)
●曲目/狩の一族、ボレロ~ラヴェル~ほか
問:県議会事務局総務課 TEL:022(211)3571
http://www.pref.miyagi.jp/site/kengikai/

▲ページのトップへ戻る

 

 

雪崩災害にご注意を

 

 

12月1日から7日は雪崩防災週間です。降雪や降雨の後、天気が良く気温が上がったときや、気温が低く古い雪の上に多量の新雪が積もったときなどには、雪崩の危険性が高まります。早めに安全なところへ避難してください。
また、雪崩災害は1月以降に多く発生します。日頃から雪崩に対する防災意識を高めましょう。
問:県防災砂防課 TEL:022(211)3232
https://www.pref.miyagi.jp/soshiki/sabomizusi/nadareweek.html

▲ページのトップへ戻る

 

 

宮城がうまい!Vol.2〜原木シイタケ〜

 

 

徹底した管理のもとで栽培される、安全でおいしい「原木シイタケ」

シイタケはおがくずなどで作った菌床と呼ばれるブロックで栽培する「菌床栽培」と、コナラやクヌギなどの伐採した原木に菌を植え付け、原木の栄養分と水分だけで栽培する「原木栽培」があります。
自然に近い環境で、ゆっくりと成長する「原木シイタケ」は、肉厚で香りが高く味は濃厚。かむほどにうま味があふれます。震災でシイタケ栽培も大きな被害を受けましたが、県と生産者は一丸となってシイタケ栽培の再開に取り組みました。「原木きのこ栽培における放射能対策作業マニュアル」を遵守し、放射性物質検査により基準値以下と確認された、安全・安心なシイタケのみが出荷されています。

香りと味を楽しむには、シンプルな調理がおすすめ

ホテルレオパレス仙台 料理長 瀬戸 正彦さん

「原木シイタケ」は生と干した物があり、それぞれの特性を生かした料理が楽しめます。
生の「原木シイタケ」は、その香りと味を存分に引き出すため、シンプルに焼くのがおすすめです。ご家庭ではフライパンで手軽に調理ができます。シイタケは石づきごと縦に包丁を入れたら、焼く前に低温の油にサッとくぐらせるのがポイント。水分が逃げずカラカラになりません。低温でじっくりと焦げ目が付くまで両面を焼き上げると石づきがアワビのような食感に。かむほどにうま味があふれ、思わずうなるおいしさです。藻塩などを使えば味わいがさらに増します。
干したシイタケはパスタやリゾットに使い、うま味の出た戻し汁も加えると絶品です。「原木シイタケ」は寒さが増すにつれて、一段とうま味が凝縮されます。ぜひ召し上がってください。

問:県食産業振興課 TEL:022(211)2813
食材王国みやぎホームページ http://www.foodkingdom-miyagi.jp/

▲ページのトップへ戻る