ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす広報課県からのお知らせ(平成29年9月3日新聞掲載)

県からのお知らせ(平成29年9月3日新聞掲載)

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年9月3日更新

県知事選挙・県議会議員補欠選挙立候補予定者・政党等説明会

10月22日(日曜日)に実施される宮城県知事選挙および宮城県議会議員補欠選挙(名取選挙区)の立候補予定者・政党等説明会を行います。
(1)宮城県知事選挙
●日時/9月15日(金曜日)午後1時30分~
●場所/県庁2階第2入札室
(2)宮城県議会議員補欠選挙(名取選挙区)
●日時/9月20日(水曜日)午後1時30分~
●場所/県仙台南県税事務所2階大会議室
問:県選挙管理委員会事務局 TEL:022(211)2343

▲ページのトップへ戻る

 

あなたの声掛けが自死防止につながります

9月10日~16日は「自殺予防週間」です。自死(自ら命を絶つこと)を考えるほど悩んでいる方は、不眠や原因不明の体調不良を訴えるなど何らかのサインを発していることが多いことから、周囲の人がそれに気付き、悩みに耳を傾けることが重要です。
家族や友人がいつもと違う様子の時には声を掛け、話を聞いて、必要があれば下記または各種相談窓口(下記ホームページ)への相談を勧めてください。
【相談電話】
こころの健康相談統一ダイヤル
TEL:0570(064)556
県精神保健福祉センターこころの相談電話
TEL:0229(23)0302
問:県障害福祉課 TEL:022(211)2518
http://www.pref.miyagi.jp/soshiki/seihocnt/sousankikan.html

▲ページのトップへ戻る

 

インターネット安全安心利用推進フォーラム

スマートフォンなどの普及に伴い、青少年がネットトラブルに巻き込まれる危険性が増大していることから、インターネットの安全利用について考えるフォーラムを開催します。
●日時・場所/10月18日(水曜日)午後1時30分~4時・TKPガーデンシティ仙台勾当台ホール1(仙台市青葉区)
●費用・申し込み/無料(先着100人)・10月11日(水曜日)までに、電話またはファクシミリ、Eメールにより下記へ※詳しくは下記へお問い合わせいただくか、ホームページをご覧ください。
問:県共同参画社会推進課 TEL:022(211)2577
http://www.pref.miyagi.jp/soshiki/kyosha/

▲ページのトップへ戻る

 

県立高等技術専門校訓練生募集(推薦入学)

県立高等技術専門校では、平成30年3月に高等学校を卒業見込みの方を対象とした推薦入学選考を実施します。
●科名/(1)電気、建築製図、広告看板、設備工事、塗装施工、金属加工、木工、オフィスビジネス、(2)通信システムエンジニア、プログラムエンジニア、自動車整備、機械エンジニア、電子制御システム、木の家づくり(設置科は各校で異なります。)
●訓練期間/(1)1年(2)2年
●募集人数/各科6~12人程度
●選考日(面接)/10月27日(金曜日)
●申し込み/10月2日(月曜日)~18日(水曜日)に、入学を希望する高等技術専門校へ
問:各県立高等技術専門校
問:県産業人材対策課 TEL:022(211)2762

▲ページのトップへ戻る

 

百貨店社員を装うオレオレ詐欺にご注意ください!

県内では、百貨店社員を装う「オレオレ詐欺」が増加中です。犯人は百貨店社員を装い「あなた名義の偽造カードで買い物をした人がいる」「キャッシュカードを新しくした方がよい。銀行協会に連絡しておく」などと電話した後、銀行協会や金融機関職員を装って自宅を訪問してキャッシュカードをだまし取ります。また、言葉巧みに暗証番号を聞き出され、カードを渡すとすぐに現金を引き出されます。
銀行協会や金融機関職員がキャッシュカードを預かることはありませんので、ご注意ください!不審な電話があった場合は、家族や友人、または警察に相談しましょう。
●警察相談電話/#9110
問:県警察本部生活安全企画課
TEL:022(221)7171(代表)

▲ページのトップへ戻る

 

潜在看護職員復職研修

最近の看護の知識や技術を学び、職場復帰を目指すための研修会を開催します。
●対象・定員/現在就業していない県内在住の保健師・助産師・看護師・准看護師で就業を希望する方・30人
●日時/【講義・演習】9月20日(水曜日)~26日(火曜日)(土曜・日曜を除く)、【実習】講義終了後~10月までの間3日間(土曜・日曜を除く)
●場所/【講義・演習】宮城県看護協会会館・看護研修センターほか【実習】県内の病院
●申し込み/9月5日(火曜日)までに下記センターへ
問:宮城県ナースセンター TEL:022(272)8573
問:県医療人材対策室 TEL:022(211)2615

▲ページのトップへ戻る

 

 

若者と県議会議員との意見交換会参加者募集!

 

●対象/満18歳~30歳の県内在住の方
●定員/10人(応募多数の場合は抽選)
●日時/10月24日(火曜日)午後1時30分~3時30分
●場所/県議会庁舎
●申し込み/9月15日(金曜日)までに申込書に必要事項を記入し、郵送(消印有効)またはファクシミリ、Eメールにより下記へ
●申込書/ホームページからダウンロード
問:〒980-8570 (住所記載不要)
県議会事務局政務調査課
TEL:022(211)3593 FAX022(211)3598
Eメール gtyosah@pref.miyagi.lg.jp
http://www.pref.miyagi.jp/site/kengikai/youth-ikenkoukan.html

▲ページのトップへ戻る

 

 

ダウンロード申請書によるパスポート申請の試験運用を行います

 

インターネットからダウンロードし、入力・作成した申請書によるパスポート申請の受け付けを試験的に実施します。
●受付期間/10月2日(月曜日)~31日(火曜日)※南三陸支所は10月6日(金曜日)まで
●取り扱い窓口/県庁および各地方振興事務所(仙台を除く)
●申請書/外務省ホームページからダウンロード※従来の申請書でも受け付けします。詳しくは下記へお問い合わせいただくか、ホームページをご覧ください。
問:県国際企画課
TEL:022(211)2278
http://www.pref.miyagi.jp/site/passport/

▲ページのトップへ戻る

 

 

仙台空港から札幌、台北がもっと気軽で身近に!

 

格安航空会社のピーチ・アビエーションが、札幌(新千歳)線、台北線を新設し、より気軽に空の旅を楽しむことができるようになります!
●札幌線/9月24日(日曜日)から毎日2往復
●台北線/9月25日(月曜日)から毎週4往復(月・火・木・土)
仙台空港は、国内9都市のほか、海外5都市(ソウル・グアム・上海・北京・台北)とつながっています。この秋、ぜひ仙台空港から空の旅にお出掛けください。
問:県空港臨空地域課 TEL:022(211)3228

▲ページのトップへ戻る

 

 

薬と健康のつどい2017

 

医薬品の正しい使い方や薬剤師の役割について考えるイベントを開催します。
●対象/一般県民(どなたでも参加可)
●内容/薬剤師による講演会、健康チェックコーナー、お薬なんでも相談コーナー、子ども調剤体験コーナーなど
●日時/10月1日(日曜日)午前10時30分~午後4時30分
●場所/せんだいメディアテーク1階オープンスクエア(仙台市青葉区)
問:宮城県薬剤師会 TEL:022(391)1180
問:県薬務課 TEL:022(211)2653

▲ページのトップへ戻る

 

 

みやぎの農産物直売所などでスタンプラリー開催中!

 

県内の農産物直売所や農漁家レストラン、農漁家民宿を巡るスタンプラリーを開催しています。期間中に参加店舗3カ所以上のスタンプを集めて応募すると、抽選で200人に「みやぎの農産物セット」が当たります。
この機会に、ぜひ新鮮でおいしい農産物を味わってください!
●開催期間/12月8日(金曜日)まで
問:県農産園芸環境課 TEL:022(211)2844
http://www.miyagi-smile.jp/

▲ページのトップへ戻る

 

 

廃棄物の不法投棄はやめましょう

 

~きれいなふるさとを残すために~

私たちの日常生活や事業活動からは、毎日大量の廃棄物が発生しています。その一部が不法に投棄され、不適正に処理されてしまうことで、悪臭や地下水汚染などが生じ、自然環境を損ない、生活環境に悪影響を及ぼしています。
県では、9月を廃棄物不法投棄防止強化月間として、不法投棄の未然防止に向けたさまざまな対策を強化して実施しています。私たち一人一人が廃棄物処理のルールをしっかりと守り、美しいふるさと・宮城の自然環境を将来に残していきましょう。

主な取り組み

  • (1)産廃Gメンによる監視活動
    産廃Gメン15人を各保健所などに配置し、監視活動を行っています。
  • (2)巡回広報
    不法投棄防止の啓発を図るため、広報車による巡回を実施しています。
  • (3)各種パトロール
    地上からでは把握が困難な不法投棄を早期に発見するため、ヘリコプターで空からのパトロールを実施しています。また、隣接する各県と連携し、県境付近をそれぞれの県でパトロールすることにより、監視の目を隅々まで行き渡らせています。
  • (4)市町村職員の県職員併任
    県と市町村が協働して不法投棄などが疑われる現場に対する立入検査を行うことにより、監視体制を強化しています。
  • (5)団体や企業と情報提供協定を締結
    不法投棄されやすい山間部などで事業活動を行っている団体や企業と、不法投棄の情報提供に対する協定を締結しています。
  • (6)廃棄物運搬車両の一斉検問
    産業廃棄物は県境を越えて処理されることも多いため、関係自治体により一斉に検問を行っています。

不法投棄をすると厳しい罰則が!

不法投棄の罰則:5年以下の懲役又は1000万円以下の罰金若しくはこれらの併科(法人の場合は3億円以下の罰金刑)。
不法投棄は重大な犯罪です!廃棄物の不法投棄を発見したら、お住まいの市町村、最寄りの保健所、または下記へご連絡ください。
問:県循環型社会推進課 TEL:022(211)2467 FAX:022(211)2390
Eメール sanpai110@pref.miyagi.lg.jp

▲ページのトップへ戻る